読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

アンチ・ローズの香り

バイト先のオーナーとその友人が、

「ローズの匂いって最低、女からにおってくるやつが最も悪い、どんなに素敵な女でもローズって分かった瞬間ちょっと冷める」的なことを話していて、

 

「えっ!!!ローズは女子間で言うと恋愛の香りで、私はすべてに近い男性がローズの匂いを好きだと思ってました!!!」とびっくりした。

 

 

オーナーとその友人は、「いや、そういう男、けっこう多いと思うけど…」みたいな割と冷静な反応だった。

 

帰宅してひさしに

「ねぇねぇ、今日ね、バイトでね、オーナーさんがね、かくかくしっかじかって話してたんだけど、あんたどぉ?」ときいてみると、

 

「うーん… 俺はローズの匂いってどんなの??ぜんぜん分からない」

 

というので心の中でずっこけました。

 

そのあとも「あっそ」と話を切った私に、

「みーんななんにもつけないでいいのにねぇ」と付け加えていた。

 

 

心広いってゆうか、おおらかってゆうか、素朴な人なのです。

 

 

ちなみに私はシャネルのヌワールとかいうちょっと変わったスパイシーな匂いの香水を

つけていて、

その男性たちからは「ゆうこの匂いはマジいいと思う」と好評をいただいていますが、

 

ひさしはそれについても「あんた香水なんてつけてるの?あれはゆうこの匂いなんじゃないの?」なんておおらかな様子でとぼけた質問をしていた。

 

 

まぁ、たしかに、なーんにもつけないでいられるのが、一番いいのかなぁ

 

 

なんて、今日も服の下の下にシャネルを仕込みながら、思ったりして。