Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

モトカレ

まったくもって「田舎あるある」の話で恐縮なんだけど、

先日同僚の口から「U子ちゃんって●●くんって知ってる?」と唐突に高校1年から3年生のときまでびっちり付き合っていた元彼の名前が出てびっくりした。

 

数年前に大型スーパーで見かけたとき、毛玉だらけのジャージにボロボロのセーター、便所サンダルみたいな出で立ちで、最後に見たときからおそらく2倍の体重くらいまで肥えてたし、まさか金銭的なトラブルによりついに逮捕でもされたのでは?という思いが頭をよぎりながら

 

「・・・知ってるけど、どうかした?」とおそるおそる聞いたんだけど、

 

同僚は「いや、うちの旦那と友だちで、この週末家に遊びにきてたのさ、てゆーかよく遊びに来るんだよね。昨日なんとなく高校のときの彼女の話になってちょっと名前言ってみてって言ったらU子ちゃんだったから家で大きな声でた」と言ってふふふ、と笑うのだった。

 

地元せま〜〜!!

 

そうしてしばらくぶりに高校の元彼のことを思い出し、ひとつ思い出したらふたつ思い出して、ふたつ思い出したらみっつ思い出して、そういうことってありませんか。

 

とにかく同僚に、

「彼さ、よくU子ちゃんが通っている高校まで自転車で迎えに行ってたって話してたよ」と言われて、そうそう、ぜんぜん忘れてたけど、よく高校までボロボロのチャリで迎えに来てくれてた!

 

そうして二人乗りして、ギーコギーコしながら家まで送ってもらってたんだわ!

 

まったくもって忘れてた!そんなこともあった!

 

めっちゃ久しぶりにその記憶引き出しから出したけど、あんなに何回も迎えにきてくれてたのに今まで全然まったく思い出すこともなかった!!

 

20年ぶりに思い出した元彼の記憶は、自分でも意外なほどに私の記憶をゆさぶった。

 

私の記憶の中の彼は、なんてゆうかすごーくだらしなくて、お金なくて、お金ないのは高校生だからとかそういう問題でなくなくて、たくさんつきあったけどとにかく「だらしない」そんなイメージしか残ってなくて、いつも「あの人と別れて本当に良かった」と思ってその後の人生を過ごしてきた。

 

だけど大人になった私が彼を冷静に振り返ってみると、明るくて楽しくて優しい人だったのがよく分かる。ほんとはとってもいい人。私を傷つけるようなひどいことなんて言わないような人。

 

そういうことって、全部忘れちゃうんだなぁ。びっくりしませんか。「してあげた」ことはイヤらしくほとんど覚えてるのに、してもらったことはほんとに真っ白に近いところまで忘れているなんて。

 

 

 

私はもしかしたら、今までもそうだったのかも。

自分が誰かにしてあげたことばっかり記憶に刻んで、誰かにしてもらったことは当たり前の顔で「ありがとー」なんて言って忘れて、もしかしたらそうやって忘れて生活してきたのかもしれない。

 

あの人はどんだけしてあげても、してもらうのに慣れてるってな感じで、助けてもらうのが当たり前みたいな、やってもらうのが当たり前みたいな、そういう顔してたのかも。

 

これからはしてあげたことはまぁ全部忘れてもいいから、してもらったことは忘れないようにしたい

 

自分が何を貢献したか、自分がどんだけいいことをしたか、自分がどのくらいの能力があるのかってことは考えなくていいから、人にどれくらい気にかけてもらってて、それがどのくらいありがたいことかってことを考えられる人になりたい・・・・・

 

 

ということで、元彼のことで考えてた1週間でした。

 

 

コロナも少し落ち着いて、明日からは幼稚園も通常保育開始。

2月末から今まで長い3ヶ月だった。子どもたちはへっちゃらな顔して過ごしている。明日からは今よりもうちょっと楽しい日々になればいい。

 

 

してあげたことは忘れて、してもらったことだけを覚えて生きていけたら、それってけっこう素敵なことだと思えてきた。

 

私があの人と高校の3年もつきあったのは、最終的にこの結論に達するためでけっこう意味あったのかも。なんてね、おやすみなさい。

 

 

 

なんにもないけど

本日はめずらしく夫が我々の寝室で子どもとともに就寝したため、私は「ふぐぐぐ」という具合に起き出して洗濯・仕事の宿題(新入職員だもので)、キッチンの片付けを終了させ、このパソコンの前に座りブログを更新している。

 

パソコン用の椅子はファネットチェア。

知る人は知る、有名な高級ビンテージの椅子である。家を新築したとき、ハイテンションにまかせてメルカリに出てるのを急いで買ったけど、いざ来て座ったらギシギシとゆがみがひどく、子どもが座っただけで壊れそうな様子であった。

地元近くの創作家具をつくっているお店の人に相談してもらったら、なんと無料で直してくれたありがたい椅子である。直してもらったけど、相変わらず椅子はよしかかると「ギシ」という音がする。

 

いつものパソコンの前にすわって「何かこうかな」と思った。

 

別になんも書きたいこと、ないんだよな

 

最近別に、なにも楽しいことないし。

 

仕事して。帰宅して。そして寝る。また起きて仕事。合間にコロナ。コロナの話題は四方八方からいいかげんほとほと疲れた。

 

語って感染が治るなら、語ってリスクが減るなら書くけど、どうやら全然その効果はないし、

だったら極力何もしないのが個人にできることなんだったら、別に書きたいことだってそんなないんだよな、などとぼんやりと思った。

 

あの人はなにしてるんだろとか、友だちはみんな元気なんだろうか、ステイホームしてるんだろうか、

 

どこかに旅行に行ったり、誰かと気軽に食事したり、誰かとともに近い距離で笑いあったり、そういうことが「いいね!」と言える世の中は、いったいいつまた来てくれるんだろ

 

会いたいと思うことが「いまはいけないこと」で、楽しい思いをしたい気持ちが「家で工夫しろ」だったり、みんなで出かけたいことが「いいかげんにしろ」などと言うのは、いったいぜんたい、いつ終わるんだ

 

 

「こっちよりまし」「ここはこんなにひどい」「あそこはこんなに我慢してる」

 

誰かと誰かを比べあって、誰かと誰かが監視しあって、誰かと誰かが気にし合う

 

まさか唐突に、そんな世の中になるなんて、私そんな準備ぜんぜんなかったよ・・・・

 

 

うちから幼稚園に向かう道路の途中に、新しいパン屋さんがオープンする。

 

信号待ちしながら「ここもうちょっとでオープンだって、嬉しいね」とひとりごとみたいなことを言うと、

後ろの座席にのっていた3歳の次男が「もうコロナウイルスなくなるの?」と聞いた。

 

コロナウイルスはねぇ、たぶんなくならないんだけど、パン屋さんは美味しいパンやいてくれると思うよ」と言いながら、なんだろな、これは、となんだか切ない気持ちになった。

 

 

書きたいことがなくても、やりたいことができなくても、今の気持ちを残すことはもしかしたら一応価値あることにつながるかもしれない。

 

別にみんなに披露したいことがないときだって、私はこうして書いてきたわけだし。

 

正直な気持ちを残しながら、明日も毎日やっていく。それなりに。そうやって、毎日やってきたわけだし。

 

 みんなもそうやって、頑張ってるわけだし。

 

ははのひ

本日もzoom飲みしてました。

 

うーむ、zoomで飲んでたらもうこれでいくない?って気持ちになるの分かる…

 

遠く離れた友だちと気軽に会えるのとても嬉しいです

 

 

夫に声うるさくてテレビの音聞こえないからイヤホンしてねと言われたので本日は久しぶりにイヤホンしました。

いま通勤車だからイヤホンしないんだよね。でもしてみようかな。駐車場から職場は徒歩2分ですけども。

 

この自粛期間に本とか読んだりたくさんしたいことあるんだけど、なぜか何もしないで過ぎていく…

 

しかし思い返せば4ヶ月ぶりに美容室に行ったし、玄関の断捨離てか片付けしたし、おたまじゃくしを森に返しに行ったし、義母にプレゼント渡しに行ってお好み焼きパーティーしたし、

何もしないといいつた割と充実した日曜日であった。

 

今日は母の日。息子たちはお花の絵を描いてくれました。毎回こんなかわいい子に大好きとか言ってもらえてまじで心から嬉しい…こちらこそ大好きだよ…尊い〜!!尊さが止まらない〜〜!!という具合ですね。

 

f:id:ukox:20200511005500j:image

昨日は近くの湖と海に行きました。息子たちは久しぶりの外出にすごく喜んでいた。

 

みんな密にならないように気をつけてそれぞれ遠くで眺めていた…

夜のブラ

コロナ休みがまだ私のパンツのゴムごとく、ゆるゆるの雰囲気だった2月のあるとき、

3家族で集まってたいつものママ友のうちの1人が「昨日旦那にナイトブラの広告手渡されたんだけど、誰かしてる人いる?」と私たちに聞いた。

 

「ナイトブラってなに」

「通常でもブラなんてしてないのにナイトもブラするわけないじゃん」などということを私とママ友は答えた。

 

「えっ、普通のときブラしてないの?」

「してないけど。」「してないよね。」

「まじ?ノーブラってこと?」

「ブラトップ」「私も。子供うんでからずっとブラトップ」

「えーーっ、や、信じられない、なんか恥ずかしい」

「ちょっと、別に恥ずかしいことなんて一つもないぞ、パンツは入るし乳首も浮いてないっつーの」

「や、なんかそういう問題じゃない・・・」

「おい、ブラトップバカにするなよ、こちとら365日×5年してるんだぞ」

 

などと言う会話ののち、

「そういや私はいつからブラしてないんだっけ」とふと振り返った。

 

夜勤してたときは胸元苦しいのが非常に嫌でブラトップで出勤してたのは覚えてる・・・

日勤・・・はかろうじてブラしてたよねぇ

 

そうそうだってハワイ行ったら必ずビクトリアシークレット立ち寄って安くてかわいいパンツとブラのセットを購入してたし・・・

 

その後妊娠して出産したから未使用のままメルカリで全部売ったけど・・・

 

 

もし私の夫が木村拓哉(別に特別好きと言うわけじゃない)、いや木村拓哉だったらブラトップだわ、

もし私の夫が坂口健太郎だったら、ブラしてるかも。ナイトもブラしてるかも。

もし私の夫が松坂桃李だったら、いやいや、それはブラしてるね、だって娼年見ちゃってるしね、それはナイトもしてます。

もしも私の夫が20代だったら、私はもうちょっと自分のボディというか、ボディラインというか、そういうものに気を使ったんじゃないか

ってことはやはり自分の夫のことを見くびっているんじゃないか、本来だったら女性として、人として美しくありたいという気持ちがだらけて、それが伸びきったブラトップにも現れてるのじゃないか、

もし夫が突然死んだとして、しばらくは悲しみにくれるだろう、立ち直れないかもしれない、もう一生分の気持ちは使い果たしたと思いながらもそこは私、

きっとまた恋をしたいなどと壮年期になって思うとする、そのときに30年間ブラしてない女が選ばれるか、いや、選ばない、選ばれない、答えは明確だ。

 

ウーマンリブ運動のときは女たちはこんなものに締め付けられてるからと大量のブラを焼いたと本に書いてあったけど、締め付けてるのもたしかにブラだけど、支えてるのも確かにブラなのだ。

息子は私のパンツを買いに下着売り場に立ち寄ったとき、ブラジャーを指差し「おかあさん、これってなに?」と質問してきたこともある。こんなんじゃダメだ!

 

よし!!

そして私は決心した。2週間ブラチャレンジ!

それは2週間毎日ブラしてみるというもの!言葉通りです!

 

とりあえず3日間こっそりブラを着用し、うん、なかなかいいかも、続けられそう、

その時のメンバーのママ友に上記報告し、「U子ちゃん!出会って過去一番胸が上にあがってるよ!」などと言われ、

「そりゃ出会ってから一度もブラして会ったことないからな」と言い合いながら、なかなかブラ着用するのも気持ちが引き締まっていいなぁなどと感じた3日目の夕飯時に、

 

夫に「こんな話があってかくかくしかじか、ってことで私最近ブラしてるんですけど、なんか変わったことある?!どぉ?」とカイリキーのポーズをしてみせると

 

「いや全然よくわからんけど、俺はブラよりブラトップ好き、セクシーじゃん」と一言。

 

あんたそっち側の人間だったか

あんたがそっち側の人間なんだったら私もう一生ブラトップでいいわ。ふぅ。

 

何を言いたいかというと、そういうことで私は今日もブラトップしてノーブラということです。別に女性意識の低下ということではなく、夫に趣味にあえて寄せてる、という。

 

なんでこんなことをいきなりブログで書こうと思ったかは、息子がとってくれた自分の姿があまりに悲しい様子でしたので、それを思い出し、ひさしぶりに会った誰かに「あんた全然かわらないね」と言われたいけどそれもはや夢物語だわ、と思った、ということからです。

 

人を美醜で判断しない!人は中身!中身は結局顔にでるんだわ!!

わははは!そりゃ結局人は見た目ってことじゃねぇか!

 

って朝ドラエールのワンシーン見ながら「その通りなんだわ」と頷いた。

エールは吃音者が主人公ってことで見ようと決意したけども、今となっては吃音者じゃなくても大変すばらしいドラマですので、これから半年間も楽しみです

 

 

あと久しぶりにiTunes Storeでアルバム購入しました。

ちょっと日常と違うことするの、とてもいいよね。聴いたことない音。あたらしい音楽。元気でる。

 


Judee Sill - Crayon Angels 1971

 

ひるさがり、ひとりごと

グェッ グェッというマイクラのゾンビの声を聴きながらブログ更新。

 

5歳と3歳の子どもたちはマインクラフトのクリエイティブモードで自分たちの街を作るのに精を出していて、私と遊んでくれません。

 

夫はというと、仕事の内容がコロナに全然関係ない一方で、ふだんの業務にプラスして春特有(馬がうまれる)の忙しさに疲労しきっており私を抱きしめることすらできない様子。朝から寝て起きてを繰り返している。

 

へん、みんなあたいのことほおっておいてさ!なんだってんだいっ!めしつくるおばさんくらいに認識してるんじゃないのかい!?とか怒鳴りながらフライパンでもガンガンやりたい気分です。

 

そんなわけで、本日はこどもの日ですが、ステイホームゆえに特にやることもないので朝から昨日ホームセンターで購入してきたラベンダーを植えたり、ゴムの木の鉢をうつしたりなんだりやってました。

 

ホームセンターはめちゃめちゃ混んでいた。みんな庭仕事に勤しんでいる・・・・肥料が品切れ間近な様子。さすが北海道ですね。みなさん土地をお持ちのようで。

 

レジは外!外でお願いします!!列はディスタンス!!!!みたいな感じのホームセンター入り口。気持ちわかるよ。お店だめ、飲食だめ、そしたら癒しはネトフリとメルカリと庭仕事しかないんじゃい!

久しぶりに取り組んだメルカリも混んでてローソンから送れない。みんな考えることは一緒かぁ。私ごときが思いつくことはすでに多くの人が取り組んでいるであろう。

 

 

そしてこちらやっと桜が咲くくらいに暖かくなってきたけど、強風が続いていてデカイには定評のある私も飛ばされそう。ですが子どもたちのマイクラ脳を緩和し、少しでも体力増進を図るため今から自転車公園にいってきます。強風ゆえにコロナも飛んでく、密にもならないでしょう。

 

はあ〜〜行ってきます(めんどくさい)

 

f:id:ukox:20200505210727j:image

お休み前に次男が幼稚園で製作した天才に間違いない色彩感覚のこいのぼりと、

廃墟化した無人の幼なじみ宅の無法庭に咲いてたチューリップです

春の雨音

外は春の雨降ってて、みーんな寝てて、私だけ子どもたちの寝息を聞きながらベッドランプ付けて起きてる、完璧な夜だ。

こんばんは、ベッドに入りながら聴く夜の雨音、最高ですよね。

 

先日のことなんだけど、新職場の広報?に載せるから、と新人向けのアンケート?記事依頼の社内メールが届いた。

 

 

メールに書かれた依頼された紹介文の内容は

①あなたのセールスポイント(長所や特技など)

②今年挑戦したいこと

 

えええ〜そんなこと書かなきゃいけないのおお

 

ふと片手間にメッセージボックスを開いただけなのに、うーんと考えてしまった

 

 

わたしのセールス…ポイント…

長所や…特技…

 

 

特技…採血!…は違うよね…特技ではない…いや、特技か…特技よな、医者なら特技は結紮とか…いやいや、そうことではないよな…

長所…ポジティブなところ…しかしありふれすぎている…なんのひねりもない…10人いたら7人程度はポジティブに関連するなんらかの長所を書くであろう…うーーーーん…

 

 

持ち帰りました。

 

 

夕飯時に家族に聞いてみることに。

 

ねえねえ、わたしの長所ってなんだと思う?

お母さんのいいところってどこだろ?

 

夫はめんどくさそうに顔を上げて、無言でえ?なに?いきなり?と目で訴える

 

息子1 おかーさん、だいすきーー!!

息子2 もうご飯食べられないーフルーツ食べたいー

 

あーん!お母さんも大好きだよー!ってそんなのは今いいからさ、おかーさんのどこが好きなのか具体的に教えてよ、ほら、あんたはもうちょっとご飯だけ食べなさい、あーん、なんて会話をはさみつつ、

 

私は夫に、

職場のアンケートきてね、冊子にのるらしいけど、

わたしの特技は嫌なことがあったときに漫画を読んで全て忘れること、何時間も漫画を読んでも疲れないことなんだけどさ、と言った途端、

 

やめなよ、つまらない、あんたもういい歳なんだからウケ狙ってすべるようなことわざわざしなくていいんだって、普通なこと書いときなよ、と言い捨てられる。

 

なによう、ちなみに今年挑戦したいことは、家族でカナディアンカヌー始めることって書こうかなと思ってたんだけど、というと、

やめなよ、また、そんなドヤァってさ、恥ずかしい、普通に仕事頑張るでいいじゃん、と夫。

 

 

この件で私が学んだのはもう2度とこの人には相談するまい、ということです。

 

そして今もなお悩んでいる。

 

私の長所はポジティブなことです、嫌なことがあってもだいたい家族と遊んだり漫画を読んで忘れることができます。

今年挑戦したいことは、もちろん早く仕事を覚えることですが、他には筋トレがあります、長年ずっとやりたいと思い続けてしないままになっていますので、今年は腹筋バキバキに割れるくらい筋トレに励みたいです(言うだけで挫けそう)

 

 

うんうん、うーん、なかなかいいんじゃないの?どうでしょう?

中年の筋トレとかより、普通に庭にブルーベリーの木を植えたので、ガーデニングに力入れたいですってほうが感じいいかしら…ドヤァ…?小金持感…?

 

いやいやたとえ小金持的ドヤァ出てたとしてさ、別にいいよね?ところでこんなところで感じよくしてもいいことある?もう恋も始まらないのに…などと堂々巡りの私です。

 

 

どうでしょうか、最近挑戦したいことありますか?

 

個人的にほかにはなんだろ、タブレット端末で図書館がモバイル貸出してるみたいだから、日本文学の読み聞かせとか始めたいですね、ドヤァ

 

ぜひ聞かせて欲しい、あなたの今年挑戦したいこと

 

 

 

ほんとは今日は夕飯の茶碗も片付けてないし、風呂も入ってないし、歯磨きもしてないけど、これで寝たら明日どうなるのか試してみたいので本日はこのまま寝ることに挑戦します、

なんちて、おやすみなさい、また明日。

 

f:id:ukox:20200505000323j:image

 

やっと桜咲きました

 

混ざり合う空

札幌から規制できなくなった友人とZOOM飲みしてました、お久しぶりですね、私です。

 

コロナのニュースはネットニュースだけ見ることにして、意図的にテレビの情報から離れてるゴールデンウィーク、みなさまも元気ですか。

 

ZOOM飲みは本日で2回目。1回目は横浜の友人と福岡に引っ越した友人と。本日は大学の友人たち。

 

ゴールデンウィークの今日はステイホームということで、近所の夫実家の庭で、高級な肉をバシバシと食べるセレブで庶民的なBBQをしてました。

焼いた肉に飽きたら、甥っ子姪っ子むすっこたちとサッカーやバトミントンや鉄棒などに勤しみ、実に健康的な休日!

 

疲れすぎて頭痛がしたため内服したロキソニンのおかげでいくら酒飲んでも全然酔わない!頭痛くならない!!

 

 

ところで本日、夫実家のBBQもおひらきになり、風呂も入らせてもらって、夕方6時半頃自宅に到着して、車から降りた長男が、

「ねぇ、おかあさん、いまってゆうがた?もうよる?」と私にたずねた

 

「うーん、夕方から夜になりかけてるって感じかな」と車から荷物を降ろして答えると

長男は「じゃあ、ゆうがたと、よるがまざりあってるってこと?」と聞くのである

 

なんて詩的な言い方・・などと感動しながら「そうだね、その通りだね」と言うと、

 

長男はさらに「むらさきいろとオレンジがまざりあると、こういう色になるんだね」と夕暮れの空を見上げて言うのであった。

 

子どもの感性ってほんと素敵だなぁと思った出来事でした。じーん

 

 

ちょっと光を落とした証明の中で、友達の職場の愚痴聴きながらお酒のんで、

在宅飲み会終了したあとは久しぶりに好きな音楽聴きながらブログ書いてる。

 

できるかぎり平常心で、できるかぎり明るく広い心で、できるかぎりの暖かさで、誰かに接していきたいと思う今日この頃。

 

私ごときの行動が誰かの何かを変えるなんて思わないけど、だけど小さな暖かいかけらみたいなのが、いつか誰かのもとに届いて、誰かの何かに役にたつかもしれないし。