Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

ハロージャニュアリー

こんばんわ、私です。それにしてももう1月が終わるところなんて信じられない。

1月私は確かに毎日息をして生きてきたなずなのに、これはいったいぜんたい、どういうことでしょうか。

あけましておめでとうございます。年末ジャンボはもちろんはずれております。

 

去年の末、病弱で生まれた末っ子の心臓の調子がすこぶるよくないようで、

寝ても覚めても心配で細胞がすりつぶされそうな気持ちで過ごしていましたが、1月に入って病院がオープンしたとたん、大きな手術をまた一つ終えました。

 

めちゃくちゃ疲れた。そりゃ娘が一番がんばってるってのは大の大前提として、私も疲労困憊です。

疲れた一番の大きな要因は、明日の自分の状況がまったく読めないってこと。

明日の自分の気持ちがまったくわからない。明日自分は笑ってるのか、それとも絶望とともに泣いてるのか、泣いてはいるけど絶望はしてにないのか、笑ってはいるけど絶望してるのか。

何を感じてるのか、明日おこるかもしれない辛いことを、自分ははたして、乗り越えられるんだろうか、のりこえられなかったら、わたしはいったいどんなふうになるんだろうか、など。

 

まぁそんな感じでですね、明日の自分がよくわからないってのは、想像以上に気持ちがつらかったんですよ。今は「明日の自分もたぶん今日と同じかな」って感じなので多少リラックスしております。

具体的にイメージすると、激務の中、やっとはいった夏休み初日、あと10日は休みですよでへへへ明後日は成田から昼過ぎのフライト(ホノルル行き)だからそれまで死ぬほどだらけちゃうもんね〜〜げっへっげへっおやすみ〜みたいなリラックスレベルが10としたら、いまは4くらい。

 

生まれてからずっと病院に入院して、おっぱいもまともに飲めず、抱くことも満足にできず、当たり前に点滴が何本も挿入されて、当たり前のような非日常が彼女の日常であることに、親としてこれが最善なのかと常に苦しい気持ちでいたけども、

いまは少しずつ回復に向かっている彼女を見て、これが世界の医療の限界だよなってしみじみ感じてる。それはもちろん、良いと悪いと、両方の意味で。

 

そしてこんなことは意図せず経験したわけだけど、自分の職業として、医療職を選んで良かったとも何度も思った。誰かの人生の側面を、こうやって支えていたのか、私たちは。という風に。病院は愛がある。どんな場でも、医療の基本は人への愛だ。それは間違いないです。

 

 

え〜それで、今は育休取得中の夫が娘のもとに行っているので、私は残る子ども二人担当です。

 

子に関しては一生懸命やってたって、仕事が忙しくて片手間みたいにろくにあいてもしてないような状況でも悩みの種はつきないですな。あちらを立てたらこちらが立たず、みたいな。

 

末っ子は病弱だけども、病弱な末っ子にかまってたら上の大切な大切な「兄弟児」ふたりも不憫だし。

しかしそうは言っても彼らも我が家に生まれてきた以上環境要因は受け入れてもらなければどうしようもない。

私たち夫婦だって、彼らの親としていまできる精一杯をやるだけだ。ってことはわかってるんだけど、どうしてもやっぱり、悩みはつきない。悩んだってしょうがないとは分かっていることを悩む。「そんなこと悩んだってしょうがないでしょうってわかってるんでしょ?」なんて自分に問いかけながら、気持ちの執着地点に到着するまで、一つずつ自分を納得させています。

誰かに何かを話しても、いまはなんというか、何を言われても勝手に傷ついてしまうというか、

ちょっと自分がセンシティブになりすぎてて、それがしんどい。自分の問題ってのは自分が一番よく分かってます、だからこそ。

 

他の荷物が重くなってくると、もう誰もわたしの調子やご機嫌なんて伺って配慮してくれない。自分のケアは、自分でやらないと誰もやってくれないってことが、ただの事実としてそこにある。自分と仲良くしておくにこしたことはない。死ぬまでずっと一緒なわけだし。

 

 

さて、おやすみなさい。つくづくこうやって気持ちを書くことは、私にとっては大事なことだってしんどくなってくると思うから、今年もぼちぼち更新します。

 

 

おなじじかん

こんばんわ、私です。

 

スローブイエナのYouTubeチャンネルみながら、年末にまた大人買いしたohoraのジェルネイルシールしてたら1時すぎていた。眠くない。家族は寝ている。

 

本来年末から年始にかけては、私が一年で一番大好きなウィークですが、今年は楽しむ気持ちの余裕がない。

2021年の一年間どんな年だったか、来年はどんな一年になるのか・・などとつい考えちゃいますね、

しかしつい考えてはしまうけども、他に7歳と5歳もいて、考えてばっかりはいられないので、明日は黒豆を戻して煮る予定です。毎年唯一している正月準備。

 

クリスマスイブに娘の病院から帰宅した夫は、明日また少し様子を見にいくらしい。「様子を見にいく」と軽く言ったって、なんせ自宅と病院は嫌になるくらい離れてるので気楽ではないけども、「ちょっとやっぱ気になるし」とのことで、ベッドサイドから静かに愛を送ってきてくれるそうだ。

 

私ももちろん一緒に行きたいけど、7歳と5歳も冬休み中だし、1月からは何かと不在にすることも多いと思われるため、今回は奥歯を噛み締めて夫を見送ることにした

 

クリスマスイブの夜、いつも仲良くしてもらってるママ友のおうちで子どもたち10人が集合するパーティーがあり、

クリスマスの朝はうちの7歳と5歳にもサンタクロースが来たので、プレゼントを開けて遊んだり、庭につもった雪で遊びながらゆっくり過ごした。

 

近所のママ友家族から「トレセンでボール遊びしない?」などとお誘いがあったので、4人で出かけて行って家族対抗でドッジボールをしたりして盛り上がり、うちの母が買ってくれた富良野牛ですき焼きをして夜は過ごした。

 

歯磨きの仕上げをしてからトイレに誘導し、絵本を読んで電気を消す。

布団にはいると絶対に両サイドから足を絡めてくる息子たち。

それぞれにハグしてキスして、大好きだよってことを伝えて、満たされた顔で眠りにつく息子の寝顔を見る、

何も変わらないような、毎年恒例のクリスマス、冬休み、年末年始、我が家の日常。

 

日常からとおくとおい地で、生まれたその日からひとり入院しながらひっそりと治療している我が子のことを考えるとすぐに涙がこぼれそうになる。

涙もでるし、心臓も誰かにつかまれたようだし、息もよく吸ったり吐いたりできたいし、それどころか膝に力が入らなくて立つのもしんどい気持ちになるし、床もなんだかいつもと違う。1日に何度もそれを感じる。

 

何の涙なんだ、これは

一瞬でこぼれそうになる涙を抑えながら思う。

この涙は、なんのための涙なのさ

私ができることは、ほとんどない。願うことしかないだけで、あとは変わらず、今までの何も変わらない日常なのに、なにがこんなに悲しいの

 

違う時間が流れているように感じる。

もう一人の愛する我が子が過ごしている時間と、私たちが自宅で、幸せな家族として過ごしている時間は、同じ時間だけど、なんだか違う世界にいるように感じてしまう。

 

1秒たりとも忘れてない、朝目が覚めた瞬間からいつも愛してる、7歳と5歳と同じ分量で宝物なはずなのに、辛い思いをして治療をしている我が子がいるのに、楽しい思いや面白いことを体験するなんて、なんだか末っ子に悪いような、そんな気持ちになってしまう。

「そんな気持ちになれないから」なんて言って、いま私が過ごしている「いつもの」生活をわざと楽しめないようにするなんて、わたし自身が一番嫌いなタイプのナルシストだし、無意味だってわかってるから、できるだけ「いつもの」生活を崩さないを軸に過ごしているけど、

 

それでも無性に、唐突に、私がここで家族と変わらない日常を過ごしている罪悪感に襲われる。それでその都度、いや、そうじゃない、自分の選択は間違ってない、それでいいんだってばなんて、自分で自分を毎瞬間説得させているのだった。

 

本当は、こちらの家族から離れて、末っ子のベッドサイドにじっとり張り付いて、できるだけの私の圧を送って、よくなるように私の細胞の隅々から絞り出したオーラを原料に回復系の魔法を練って振り撒き、残りの時間は「よくなる魔法」のエネルギーを貯めて過ごしていたい。

 

だけど、私には他にも大事な大事なものだってあるんだ。

 

 

ってな感じですね。毎日が。

 

わかっていた、わかっていたけど、そんな日々です。

 

 

毎年たてている、来年の目標についてずっとぼんやりどうしようかな、なんて考えていた。来年は、どんな一年に・・・

 

来年は、末っ子のことがあるから無理はできない、何かを達成しようとなんて思ってない、仕事はとりあえず考えない、わたしの気持ちは整えないと色んなことに影響がありそうだ、不眠や脱毛くらいにはなるかもしれない、それならまだいい、避けたいのはがんばりすぎて辛くなりすぎないこと、ただでさえ辛いのに、余計に自分で追い込まないこと、適度に力を抜くこと、やりたいことを諦めないこと、欲しいものものある程度我慢しないで買ってよし、楽しい思い出も諦めない、私のかわりがきくことは、変わってもらうこと、なんてつらつらと考えて、

私は、単純に、未来の自分に起きる色んなことを乗り越えたいと思ってるんだな、ってことに気づいた。

 

どんなことになるかは全然予想もつかないけど、だいじょうぶ、だぶん乗り越えられる。

自分を見失わないで過ごせる、一瞬見失うかもしれんけどいつかはきっと取り戻せる。

 

ということで来年はなんとか乗り越えて過ごすことを目標とし、病児の子が生まれてきたからといって、できるだけ自分たちの日常を見失わずに、いろんなことを前向きに過ごしていきたい、がんばれ、わたし。

 

 

ということで気持ちが落ち着いたので寝ます。眠いから搾乳したくないけどちょっとだけして寝よ。歯磨きはできなかったら省略しても可とする。

 

 

おやすみなさい

 

 

this is my ....

お久しぶりです、こんばんわ。私です。

 

10月に無事に出産しました。3回目にして初めての帝王切開

帝王切開は死ぬほどキツかったです。毎回出産のときは「死ぬほどキツかった」とか思っていたけど、帝王切開の今回もほんとーーに死ぬかと思ったくらいキツかったです。お腹やぶけるかと思った。いや、人工的にやぶってるから事実そうなんですけど。

 

予定通りの予定手術で早まることもなく順調に生まれてくれて、末っ子はいま病院に入院しておりますです。

年明けに行う大きな手術に向けて、体重を増やしているところであります。

末っ子が入院している病院と300キロ離れた自宅との往復生活にも少しずつ慣れてきたところであります!

久しぶりにパソコンの前に座って、妊娠中のブログを読んでみると遠い昔のことのようだ。というかほぼ記憶がなくなっていて、ブログに残しておいてよかったと思った。

 

はかなく生まれた、あたりまえに愛しすぎる我が子の無事の成長を強く願う一方で、医療の限界や、生活の維持、先に生まれた我が子2名についてなど、何かと生活の半分が一変したと言っていい。

自分の生活の横に、つねに死がとなりにあって、それに嫌でも向き合わなければいけないことが、これほどキツイのか・・・としみじみしてます。でも向き合わなければならない。この先もずっと。

病気の子どもが生まれて、私たちは自動的に医療ケア児の両親へ、そして息子ふたりは「きょうだい児」と呼ばれる存在へ。

 

スクリーニングで生まれてくる子の異常を指摘されたときには、目印も味方も出口もないトンネルかと思っていたけど、実際はそんなことなかったです。

 

末っ子を取り巻く医療は温かで誠実で愛があり、末っ子の親である私たちにも真摯で丁寧だし、末っ子と同じくNICUで育つほかの子どもたちの親もまた、同士であって、たまには助け合う仲間のような存在で、案外孤独じゃなくて、案外暗くなくて、想像したのと同じくらいには助けがある。

なんてゆうか、正直に言うと想像ではもっと不幸かと思ったけど、それは全然そんなことなくて、色んなことが大変だけども、それでも十分、満たされていると言っていい。

少しずつ、いろんな人から、ひかりのかけらみたいなものをプレゼントされている、そんな生活です。

 

新しい家族に慣れていこう。自分を見失わないように、こうやって時々振り返って、

気持ちを整理しながら、生活をつくっていきたい。

 

まぁそんな感じの産後2ヶ月でした。

 

体調は順調、搾乳は5回、睡眠は8時間、食事は3食、おやつは2回、コーヒー2杯、あいかわらず何か欲しくてインターネットサーフィンしてる私です。

 

また書きます。おやすみなさい。

少し書いて気持ちスッキリした〜

 

f:id:ukox:20211220234848j:image

点滴がんばってる末っ子のめちゃくちゃかわいい手と私のガッサガサの手…

 

古着ぷら散歩

1日5,000歩は動かないといけないな、などと勝手に目標をつくって散歩してます。

 

1日中ひとりで家にいるとクイックルワイパー2回かけるから常に部屋も綺麗だし、キッチンも汚れないし、洗面台もぴかぴかだし、洗濯物もそんなに出ないので、ぜんぜん歩かない。

 

 

結果、朝家族の登校に合わせてうだうだと起きて、軽めの朝ごはんを食べて夜に使ったスプーンやコップを洗ったり、3日に一度洗濯機を回したらして、朝の昼寝をする。昼に起きる。お昼ご飯を食べる。何もやることがない…

 

みたいな感じなので、無理くり化粧をして散歩にでかけてます。

 

ちなみに今は近所のママ友家族の空き家となってる別邸(マンション)に滞在させてもらってるんだけど、

札幌の大通り公園すぐ近くなので、散歩するには困らない。やることなくて困るけど、散歩が目的となると何の苦もなく達成される。

 

今日ももちろん暇なので、息子たちの薄手の長袖を見にすすきのにあるパタゴニアアウトレットまでぷらぷら行ってきたけど、何も購入することなく帰宅。

 

帰りにポケモンのファッションウィークタスクでもクリアして帰るか…と思い、4プラ前の市電乗り場近くのベンチに腰掛け、ポケモンゴーをする臨月の妊婦ひとり…。誰とも会話なし。

 

ポケモンタスクをクリアして、トリミアンのウィッグを手に入れても、まだ3時にもなってない…。とほほ…

帰宅しても用がない、風呂に入るには時間が早い。もっと疲れなければ出てきた意味がない、などと謎の負荷を感じて、あ、そうだった、この前かわいいポーチを発見したんだった、ママ友にお礼のプレゼントしよっかな、などと思い立ち、パルコに入った。

 

札幌パルコ、楽しいですね。ビンテージショップや古着のお店が入ってる!

 

古着とかじっくり見るのほんと久しぶりだな…とか思いながら、暇だけはあるのでラグラン袖のバンドTシャツ(The smithのやつが欲しかった)を探したり、スウェットを合わせたり、ビンテージ生地のハギレでできたエコバッグを吟味したり。

 

大量の古着の中から、似合うTシャツを真剣に探して、何着か試着をして、これこれ!こういうの!ってのを1枚購入した。3800円。

古着屋でTシャツ買うのに1時間って、なんだか高校生に戻ったみたいで楽しかったです。

店員のおにいさんはモスグリーンのモヘアのニットの中にアイボリーっぽいくたくたのTシャツに、明るい色の少しフレアになってるジーンズにはいていて、それも小綺麗な古着屋の定員って感じで良かった。

 

帰宅して風呂に入り、昨日の残りのカレーと、セブンイレブンで買ったパックのハンバーグをチンして食べました。

 

ご飯を食べながら、次男が通ってる幼稚園のブログを鑑賞してて、次男がクッキングで作ったにんじんケーキとお味噌汁を美味しそうに食べてる姿がうつっていた。

 

次男…かわいい…というのもあるけど、

ちゃんと洗われたスモッグや、いつもの三角巾、お弁当を食べるときのすみっこ暮らしのおしぼりを見て、私がいない、夫と息子たち、3人で暮らしてる彼らの生活が目に見えて想像できて、なんだか涙が出る。

いやいや、わたしには複雑な心疾患を持つ赤子の出産という大事な使命がある。涙なんてポロリしてる場合じゃないのだ。

 

とはいっても、寂しいものは寂しいし、不安なものは不安です。

 

ほんと1人になって、好きなお茶を入れたり、食べたいものを作ったり、そういう日常の生活の基盤が自分の精神を作るんだなってことを改めて感じてます。

 

そして20代のときにこのくらいしっかり主婦力あったら、H氏と結婚する前に3人くらいに求婚されてた可能性あるな…とかも思った。

 

かて、おやすみなさい。明日は妊婦健診のため病院受診。予定があると気持ちが楽。

 

 

わたしのぷら散歩

金もないし仕事も休みで家族もいないんだけど、

時間だけはすごくあるため、ものすごく久しぶりに街をプラプラしてみる。

 

滞在中のマンションから札幌の大通りは徒歩圏内なので、散歩がてら大通り公園をプラプラして、無印で混ぜご飯の素を買ったり、

ネットで見てたシーツの手触りを確かめたり、イデーとのコラボ?商品のアートなんかを手に取ってみたり、アンティークのお店をちらっと覗いたりして、

疲れたら地下街のどこかでパンを2、3個購入して家に戻る。

 

そうこうしてたら独身の時の自分の生活をじわじわと思い出してきた。そうそう、こんな感じだったよ。そりゃ目も肥えるわ。

 

そう、目が肥える。だって好きなものを吟味する時間があるんだもの。

雑貨屋に入るものなら、子どもたちが何を触るか緊迫した状態で監視して、すぐさま禁止指示を出さないとならないってこともないし、服だって試着したけりゃ好きなだけ試せるし。

やっぱファッションもインテリアも、ネットショッピングだけでは感覚が磨かれないわね…としみじみ感じた。

 

そして街プラして気付く。

接客してくれるみなさんが、すでにほとんど歳下になっているということに。

結婚して地元に戻ってきた30歳頃には、たしかに街プラして接客してくれる人は同年代からやや上くらいだったけれども、

そうだよね、わたしもうすぐ38歳なんだからそうよね、という感じです。年下の人に年配者として接客されるのも悪くないですね。新鮮です。

 

北海道の大学生のときはお買い物といえば札幌という感じだったので、よくいろんなお店に行った気もするけど、そもそももう20年くらいも前の話だし、着る物もずいぶん変わった。

 

実際手にとってみて、あ、今の私ってこういう服のことを素敵って思ったり、こういう服を着たいって思うんだな、などと色々と気づきがありました。

 

そしていまの流行なのか、もうそんな垣根は今後もなくなるのか知らないけど、服のサイズやデザインが男、女って感じでバチっと分かれていなくて、

私みたいな大柄な女が違和感なく着られるメンズの服?ん?これレディース?みたいな服がたくさん増えてて大変良い。

 

UNIQLOコラボで話題になったマメクロゴウチ、

最近大豆田とわ子と3人の元夫をネトフリで2周したんですけど、1話目で松たか子が着てたドレスと、お母さんの遺骨入れてたリュックサックすごく素敵で、へえ〜マメクロゴウチのお洋服って素敵〜!!って感じでネットで見てたけど、実際に手に取って見れたのも良かった。上質ですばらしく素敵だったが、大柄の私にとっては程遠いだいたい9号サイズでしたね。

 

まあもう独身貴族じゃないので、もちろんそんなお金ないから買えないことは前提として、

大好きだったファッションから物理的に離れて久しいけど、自分の好きなものを再認識できる機会になって楽しかったな。わたし、洋服見たり着たりするの好きです!楽しい!!

 

家族に会えなくて寂しい。みんなに会いたい。

ひとりで暇に公園や街をプラプラしててもつまらないけど、まあそれ言ってもどうしようもないので、とりあえず老後の予行練習として、もう少し楽しく過ごしてみよう、という心境です。

 

f:id:ukox:20210926213235j:image

初めてウーバーイーツ頼んでみた。経験を積んでいます。

 

f:id:ukox:20210926213313j:image

ママ友おすすめの、さえらのサンドイッチ。

 

コーヒーセンチメンタル

夫は朝起きたらすぐにコーヒーを入れる。

町外れにある自家焙煎のお店で買った豆を、独身時代にわたしが購入したみるっこで引いて、ハリオ?カリタ?のドリッパーで、自分とわたしの2人分。

 

性格的に細かくて凝り性なので、しっかり入れ方を独学で調べて学び、練習を繰り返したので夫の入れてくれるコーヒーは喫茶店で飲むやつみたいに美味しい。

 

きっちり入れて、はい、と言いながらわたしのお気に入りのコーヒーカップ(シノタケダさんのホームページから直接注文してブルックリンから空輸されてきたやつ、死んだら棺桶に入れてくれと頼んである)に注いで渡してくれる。

 

私が寝坊した時は、保温の水筒に私の分が入れてあり、目も開かない不細工な顔で起きていくと水筒にコーヒーあるよ、と教えてくれるのだ。

 

 

夫の朝ごはんはいつもだいたい同じ。

長年叔母さんが差し入れしてくれる、お店の見た目も内装も、シンプルで地味なパン屋さんの、謎めく美味しさのトーストを1枚冷凍庫から出して、グリルのトースターモードで焼いて、時々四つ葉の発酵バターを少しつけたり、基本的にはメープルシロップを少しつけたものが朝食に食べている。

 

だいたいケータイかパソコンで1日のニュースを見たり、天気をチェックしたり、自分の予定や週末の予定を確認したりして、

子どものことはほぼノータッチでのんびりしている朝ごはんの時間。

 

 

そんなことを、駅地下街にある喫茶店でワッフルをもそもそ食べながら思い出していた今日の昼下がりです。

 

本日は病院の受診日でした。

健診後の予定ももちろんないし、夜ご飯のお弁当でも買って帰ろうと駅まで出て、歩いて疲れたので通りがかりの喫茶店にはいり、ぬるくていつ淹れたのかな?という味のコーヒーを飲みながら、ふと思ったのでした。

 

毎朝毎朝、あんな美味しいコーヒー飲めるのなんて幸せよね…とすすりながら、唐突に夫に会いたくなり、くすん…とか思ってるときに、病院どうでした?とかいって電話をくれたので嬉しかった。

 

子どもたちに会えなくて寂しくて心配なのは想像の範疇だったけど、H氏に会えなくてこんなに寂しいのは予想外だった。

 

ずっとひとりでも平気とか思ってたけど、けっこう私が思ってる以上に夫のこと頼りにしてて、支えにしてたんだな、としみじみ思う。

 

仕事が終わったら子どもたちを保育園と児童館に迎えに行って、帰宅してご飯を作って明日の準備と寝る準備。

 

寝る前に絵本を読んで、就寝。

 

いつもは私がやってることだけど、けっこう毎日忙しいし大変だから、ほんとに頑張ってこなしてると思う。まあいつも私がやってることですけど。何度でも言うけど。いつもは私がやっています。

 

私にできることなんてH氏もできるよな。そりゃそうだ。

 

というわけで、本日も暇でしたが予定通り病院は受診して、ダラダラと過ごしてました。おやすみなさい。家族に会いたい。

 

f:id:ukox:20210922222759j:image

夫のことを恋しく思いながらいただいたメニュー。

 

 

 

 

たらたら暮らしの家事スキル

一人暮らしチャレンジ2日目。暇です。

 

夜10時になる前に寝るため、6時前には目が覚める。

 

朝から誰の朝食も用意しなくていいし、仕事の準備も子どもたちの登校、登園準備もしなくていいのですることがない。しかたなしにトイレに行って、あとはゴロゴロとスマホを小一時間いじる。

 

結婚前って、一人暮らしのときって、休みの日どうしてたんだっけ…何してたんだっけ…と思い出そうとしてみたけど、

そもそもめちゃんこ働いていたので、休日はただひたすら日頃の疲労を癒すためにとにかく遅くまで寝ていた。

 

あとは溜まった洗濯や掃除や買い出し…

 

 

今のようにコロナでもないし妊婦でもないし産休中でもないので比較できないですよね、とまたゴロゴロする。

 

 

昔と比較すると家事のスピードも早くなった。

家の掃除って何からすればいいのか分かるようになったし、何をどうすれば片付くのか、今は分かる。

 

私はもともともっとズボラで、だらしなくて、適当で、部屋も汚かったはずなのに、ある程度までは、ちゃんと整えられるようになったんだな、と1人で1人分の洗濯物を畳みながら思った。

 

夫と結婚して8年、主婦になって8年だけど、8年の間でそれなりに経験つめたんですね。

 

 

さて、そろそろ寝るか。

今日は友だちが家に遊びに来てくれたので、近所のスープカレー屋さんに行きました。

 

f:id:ukox:20210920211125j:image

 

寂しさもまぎれて、お土産のドーナツももらって嬉しかったな。

おやすみなさい。