読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

煮えてないじゃがいも

夕飯時はきまって次男はギャンギャン泣いている。

 

だいたい5時から7時か8時くらいの黄昏時は次男の覚醒時間で、

その時間は食事の支度や長男を寝かしつけるのにものすごく忙しく、家族に余裕がないことも関係してかとにかく泣いている。

 

次男の泣き声が聞こえる傍ら、なんとか片手間に作った夕食を長男に食べさせたいが、次男を抱きながら食べさせるには取り組みの姿勢が不十分らしく、彼は全然食べない。

 

ふざけて一度口にいれたにんじんや米粒をべろーんと口から出してニヤニヤして椅子からすべり降りて近くのおもちゃで遊んだり、吐き出した食材をさらに踏みつけたり絨毯に投げ捨てたりして、こちらの視線を気にしつつ、怒られるのをわかっていそいそと取り組んでいる。

 

さらに長男に注目が注がれないとわかると次男のそばに寄り、体に乗っかってつぶそうとしたり、かかとで蹴ったり頭の上で足踏みをしたりなどと全力で取り組み始める。

 

眠い次男、しかし一人でベッドに置かれても眠れない、寝かしつけようとすると寄ってくる長男、長男に起こされて泣く次男、寝かせようとすると注目してほしい長男、うとうとしてたのに叩かれて眠れない次男・・・・・・エンドレス・・・・・

 

 

これって注目されたいからわざとやってるってこと??長男なりのサインってこと??下の子が生まれたら上の子の気持ちを受け止めてよく書いてるけど、そういうこと???などとふと横切るが、

 

ついつい「こら!!!!何してんの!!!!!!やめて!!!!!」と大きい声で怒り、やめさせるため(怒られるとさらにヒートアップする)にどんと思い切り突き飛ばして転ばせて泣かせたりして、

 

となりでは攻撃を受けた次男がギャンギャン泣いてるし、もうなんなのこれ、地獄?みたいな感じで呆然と泣きたくなるので、夫が仕事で遅くなるとわかってる日は、実家に泊まらせてもらっている。

 

 

 

しかし本日は母が不在であるため、実家には泊まれない。

一人でやらないとどうにもならない・・・。ドキドキと不安と緊張で夜を迎えたが、本当は仕事で遅く帰ってくる夫が早め(6時頃)に帰宅してくれた。

 

 

というか、

お昼の休憩時に帰ってきたときに、「えっ、今日実家の日じゃなかったの?俺溜まってた仕事やろうと思ってたから遅くなるよ!?」と一言言われたことにカチンときて、

 

「つーかけっこう前から今日は母いないって言ってたじゃん、けっこう何回も言ったはずだけど、(仕事とかいって、別に今日じゃなくたっていいくせに、つーか昨日だってやろうと思ったらできたはずなのにテレビ見て寝落ちしてたんじゃないか)あたしどうすればいい?遅くなるならご飯とかは作れないよ!?」とぶっきらぼうに言い捨てたのを受けて、

夫は少し困ったような顔をして、「ごはんは別にいいけどさ、弁当買ってくるよ」と言ってまた家を出て行った。

 

そんな夫が早い時間に「がんばって帰宅しました〜」と玄関で靴を脱いでる姿は実に頼もしく、いそいそとキスしてもらい、それなら今日は安心だ!と私はほっとしてニコニコした。

 

本日の夕飯は肉じゃがとあさりとミョウガのお味噌汁ときゅうりのキムチ和えと鯖の西京味噌焼き。

適当に作ったご飯をせっせと並べて次男に授乳したり長男に構ったりしながら私は白米だけを噛まずに飲み込んでいた(忙しすぎておかず食べるの忘れてた)とき、

夫に「肉じゃが美味しいね、でもさ、ちょっとこれ、じゃがいも硬いね、すこし崩れるくらいの硬さだといいんだけど」と今度は言われたことにカチンときた。

 

こっちはどんな状況でご飯作ってるか全然わかってないよな、ひとつやろうと思ったら中断されて邪魔されて、肉じゃがだって満足に作れない状況について何もわかってない!今だってご飯丸のみしてるのに、ゆっくり味わって野球見てるし、あーあ、あーあ

、あ〜〜〜〜あ!!!

 

私は「・・・もともとのじゃがいもが硬かったんじゃないの」と言って下を向いた。

 

 

その後、お昼寝のあと十分に体力を消耗しなかった長男は就寝するのに時間がかかり、それならば次男を先に寝かせようと取り組むが、

 

また上記のように少しうとうと、長男寄ってきて起こされるの無限のループが2時間ほど続き、

 

もう長男寝かせないと次男絶対眠れないからがんばろうと夫婦で協力してなんとか二人とも寝かせたときには、夫婦ともども魂がミイラみたいになっていた。

 

夫は次男を私に渡した途端「俺、やばい、もう寝る」と言って自分の布団に入り(現在は夫婦別寝室)、2分後にはいびきを書いてぐぅぐぅ寝ていた。

 

夕飯の茶碗は夫が洗ってくれていた。

 

 

久しぶりに誰もいないリビングで一人ぼけっと夕飯のときに食べ損ねた肉じゃがを食べながら、笑えた。

 

何これ、全然煮えてないじゃん

めっちゃ硬い!

一応火は通ってるけど、じゃがいもが硬いとかいうレベルじゃなく煮えてないし、なんなら人参も硬いじゃんね・・・・

 

 

最近の私は、右の肩が常につっぱるような感覚があって、授乳してても、抱っこしてても、運転しててもそれが辛くて、痛くて苦しくて、

 

次男の授乳による睡眠不足に加え、たまに長男が夜泣きしたり、

 

行き先のない閉塞感と、疲労感と、義務感、罪悪感、そのほかいろんな感情の整理がつかないまま、毎日をこなすのに必死で、

 

日々自由にしている夫の態度に腹がたつなんて思ってたけど、

 

全然煮えてないじゃがいもにも気付かないくらい、だいぶん周りが見えてなかったんだなぁと少し視界が広がった気がした。

 

 

とんとんとんとんひげじいさん って手遊びが最近の長男のブームなんだけど、

それの「めがねさん」くらいしか視野がなかったなぁ

 

 

子育てで大変なのはもちろんそうだけど、いろんな人に支えてもらってること、

夫も私を一番に支えてくれて、おそらく大事にしてくれてるってことを、どうしてすぐわからなくなっちゃうんだろ

 

わからなくなるってゆうか、夫を信じられなくなっちゃうんだろう

 

 

周囲の何人かに、最近疲れてるって言われて「そうかなぁ、まぁ疲れてるけど」なんて思ってたけど、

確かに最近ピリピリしてたかもしれない。

かもしれないというか、ピリピリしてた。

 

 

もう一度整えて、明日からまたがんばろ

 

ゆるく、ゆるく、なるべくゆるめて、深呼吸。