Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

自分を整える…って何回誓ってるのかね、君

今より美しくなりたい一心でダイエットの本を読む。

太ってちゃいかん…いかん…と繰り返し自分に言ってるつもりだけど、ジリジリと体重が増えて行くのはなぜだ。

 

心の油断?太っててもいいと本心では思っているのか?!

このまま現実を見ないまま生きて生き続けるのか!?!脂肪を蓄え続けて!?!!

 

とか考えてるんですけど、眠くなってきたので本日は就寝します。

 

f:id:ukox:20180629234816j:image

 

図は大きな水たまりでべっちゃべっちゃになる兄弟。

すっぽんぽんの真っ裸で車に乗せたため、小児性愛者の目線を不安に思ったが、シートベルトでうまい具合にふんどしのような感じになり、局部は隠せたので良かった。

 

子どもに夜中ゲシゲシと蹴られまくるので離れて寝たいが、離れたら離れたで体温と寝息が恋しい。

めんどくさい母だよな、おやすみなさい

声高く

またしょーもないこと言ってって自分でも分かってるんだけど、

結構前に友人に「なんかもうちょっとかわいい話し方になりたい」という旨のことを話したところ、ふたりの女友達は、てんてんてん、はぁ?という感じであった。

 

いや、だからさ、なんつーか、もっと高い声ってゆうか、鈴がなるみたいな話し方ってゆうか、ねぇわかるでしょ、女の子ってゆうか、かわいいってゆうか、そっち方面に寄せていきたいわけ、というようなことを追加で説明しても、

「あんた、そりゃ無理ってもんでしょ」みたいなことを言われたうえに、半ばめんどくさそうにこの話題を終わらせたがっている女友達。

 

いや、そんなまだやってないんだからどうなるかわからないじゃないの、ちょっとそういうことになるにはどうしたらいいんだろう?というわたしに、

 

「まずはマヌカ蜂蜜でも飲みなよ」

「のどにいいんだってさ」

 

というアドバイスをくれたのだった。

 

マヌカ蜂蜜っていいの?

「いいらしいよ、喉に、テレビで見たよ」だそうだ。

 

そうなんだ、マヌカ蜂蜜っていいんだ、テレビでやってんだ

 

 

いきなり何って、5月のゴールデンウィーク明けからなんとなく喉の調子が不完全で、いまもなんだか喉が痛かったり痛くなかったりするので、

 

マヌカ蜂蜜と生姜入りの紅茶を飲んで更新している、ということです。こんばんわ、私です。

 

マヌカ蜂蜜はとても高価ということですが、うちの実母が子供達が風邪ひいたときにも効果てきめんという情報をテレビで得たらしく、別に頼んでもいないのに通販して買ってきてくれているのでうちに常備してあるのです。

少し独特の味というか香りがするマヌカ蜂蜜。喉にいいなら薬としてせっせと摂取していきたい。

 

ところで軽やかに明るく甘く話す感じの女の子って本当かわいいですよね。

今日は長男の幼稚園のイベント集まりがあったため、注意深く話し方について観察してみたが、顔の様子と話し方の様子はぜんぜん関連性はないように感じた。

 

ふむ、別に化粧っ気のないブス(失礼)でも、話し方が可愛い人はいるなぁ、そういうのは顔がブス(失礼)でも全然ブスって感じはしないよね、むしろ話し方と声がかわいけりゃなんかけっこうかわいいよね?ふんふん、などと幼稚園のイベント上の空の私であった。

 

いきなり友人や夫に別人のような話し方をするのはおそらく驚かれるようなので、職場での対応時にまずは適応していきたい。

 

 

新しい職場はとても優しい雰囲気かつ感じもよく、割とおしゃれな同世代の女性が集まっているので刺激になってとても良い。

 

私も30半ばにさしかかり、黒だのグレーだのカーキだの茶色だのの無地の服ばっかり来てないで、柄や色や華やかな衣装を身につけて行くのが気分的にも印象的にも良いということを最近思い出して、なるべく華美ではない印象の明るい服を選ぶようにしている、

 

って、あれもう暇?これ一体なんの話なの?って、

 

年取ってなかなか地味な服ばっかり着てたり、風邪ばっかりひいて声帯をやられ続けたりしたら、あっという間に気持ちもしょんぼりしていくよねって、ただのぼやきです。

 

 

f:id:ukox:20180605191459j:plain

長男と次男、2歳と3歳。

こどものTシャツもその流れでいつも青やらグレーやら地味色を選び気味なんですけども、今年はかわいらしい柄をチョイスして、割と多くの人に褒められます。

 

左がレモン、右がトマト。かわええ(Tシャツ)

 

SNS

先日次男が2歳になり、4月には長男も幼稚園に上がり、先日も楽しい田舎の運動会があったため、写真をアップするためにFacebook更新。

 

うむ、何とも幸せそうで、ドヤ感丸出しの自慢げである。

 

しかしながら事実、生活が幸せ続きなんだから、そうやって写ってしまうのは仕方ない。写真には真実が写ルンです

 

もちろん私にだっていろいろある。

先日は次男を保育園に送り届けたときに謝って車のドアに次男の指を挟み、病院など連れて行くことになり(何でもなかった)落ち込んでいた先に、

それから向かった勤務先で、勤務中に職場の車で複雑な街中を走行していたら、工事で通行禁止に気を取られ、うっかり右折禁止のところを曲がってしまって、待ち受けていた警察に捕まって2点引かれた上に7000円の罰金を支払ったし、

むかついて疲れてイライラして子どもをあっち行ってて!今ダメなのっ!!とか言いながら突き飛ばす時だって勿論あるのだが、SNSではそれがみえない。

 

過去にわたしが不幸せでふらふらしていた時代、

クソみたいなアドバイスで「だからだめなんだ」とか「それじゃ一生結婚できない」とか「こういう人とは付き合えない」などなど、一度でも私のことを軽んじたことがある多くの人に照明するために私は定期的に投稿するのである

 

 

というのは1割、いや2割くらいあるか、の理由で、

あとで見返すとわたしも楽しいしある程度まとまっているので、自慢とかはまぁ別としてなかなかいいですよね、SNSのアルバム利用するのもさ。せっかくなら遠方の友達かもにも見て欲しいし。

 

次男が2歳になって保育園はいるまでは自分の時間何なんてちっともちっともなくってたいへんだったけど、いまはわりといい感じ。

 

できなかったこと色々取り組みたいってことで、何やら活動しかけるんだけど、結局通販ジロジロして終了、ということがよくあるので、それを修正していきたいです。

 

なんの話だっていうね。

 

 

おやすみなさい

運動会でした

土曜日は長男の運動会、本日は次男の運動会であった。

 

運動会に連チャンやら行事2連チャンは、兄弟別々の園に通わせている親の宿命ともいえるであろう。早い話がめんどくせぇ

 

 

しかし面倒だろうがなかろうが、息子たちが何やら取り組んでいる姿はかわいいを通り越して感涙である。

 

今日はなんども感極まって涙が出て出そうになるのを堪えたという有様。大変たのしかったです。

 

息子たちはこうやって私たちが全然知らない世界を教えてくれるんだなぁ、尊いよね、ほんと尊いっす。いつもありがとうね。

 

 

なんて書いてる側から次男の夜泣きの声が聞こえてくる。なぜブログを書いてると泣くんだろう。おやすみなさい。

 

 

ゴミミス

昔水の都アムステルダムに行ったとき、ワクワクドキドキ心躍らせて入国したのに、道行く道という道にゴミが散乱しており、景観もやばい、においがヤバい、という有様だった。

 

なにこれ、なんなのこのゴミは…と困惑しながら歩くとなんだか変な路地に迷い込んで、

金髪のおねーさん達が上半身丸出しの真っ赤かっかのスリップ来て、テレビに出てくるストリップの人、みたいな様子でクネクネしながら目線送ってくるし、

 

ひーん、やだやだ、なんなのアムステルダム、こんなの全然思ってたのと違う〜〜!!!!

 

 

ということがあった。

 

 

いきなり何って、先週のゴミの日をミスして、家の中がかつてのアムステルダムみたくなっており、非常にストレスなのです。ゴミの日ミスるってほんと今は避けたい出来事。

 

オムツバケツにはおむつと犬のシートが溢れてて、ゴミ箱は閉まらないし、生ゴミ捨てる場所ないしで、とほはほ、明日が待ちに待ったゴミの日です。

 

反動で最近低迷してた断捨離アンテナが集まりより感度ビシビシ良くなってるね!

 

 

買いたいときはまずは捨てる。

 

よおおし、これから子どもたちを送り出したらメルカリするぜえええ〜〜!!

 

 

と決意する6時半@ベッドの中

 

昨日は朝から姪っ子の小学校の運動会で、午後から大きな公園で子ども活動したから、私も疲れて8時前に寝ました。まだ空が明るかった。

 

 

さて、そろそろ起きるか。今日もみなさん、良い一日になりますように。

 

 

あ、ちなみにアムステルダムのゴミは、ゴミ会社のストライキでした。

 

 

 

門出のとき

叔母のお通夜に出席してきました。

 

道中車で2時間くらいなんだけど、運転手の兄がトイレ近すぎて、2時間の間に3回もトイレ休憩とるから2時間半かかった。

 

あんたトイレ行きすぎだわ、と言うと、自分はそういう病気かも、と。

私もそう思うと伝える。

しかし行きだけでペットボトル500mlのお茶を全部飲み干している。飲みすぎじゃない?いや、健康の観点からはこのくらい摂取してもいいのか?1日2リットルくらい??

いや、兄のインアウトバランスのことはどうでもいいんですけど、まあそういう出来事があった。

 

子どもたちは夫に託す。

長男は、行かないでえ、寂しいよお、行っちゃやだああ、などと足元にまとわりついていたが、YouTubeいれると行ってらっしゃい、とこちらを見ずに黒装束の母を見送っていた。次男は保育園。迎えも夫。休みで良かった。感謝。

 

排尿とタバコ休憩で思いのほか時間はかかったけど、無事に会場につく。ほかの親戚はすでに来ていた。

華やかな遺影と祭壇見てたら、この先こういうお別ればっかなんだよな、ばーちゃんも親もみんなもうお別ればっかなんだよね、もうおばちゃんに会えないんだよね、と思ったら急に悲しくなって涙が出た。

 

グズグズと鼻水をすすり、持参したガーゼ(子どもたちが小さかったときのやつ)で目頭を押さえて、やだどうしよう、こんな私が泣いてるのなんてもしかして場違いなんじゃないの、とか色々考えてうろたえてたのに、

坊主のしょーもない説教にイラついて気持ちが落ち着いた。まさかの効果でした。

 

坊主は私の2人分くらいあるんじゃないかってくらい太っていた。

 

もうすぐ35歳。この先は、いつでも当たり前みたいな顔で育ててくれた、いろんな大人たちとお別れすることになるんだな。悲しいけどしょうがない。しょうがないけど悲しい。

 

 

そんなこんなで次男2歳。おめでとう。

今日も保育園にお迎えに行ったら、チョコチョコと満面の笑みで登場してかわいかった。靴を履かせていたら、保育園の先生に、次男くんて、本当にかわいいですよね、いっつも笑って…としみじみ言われる。

 

次男は顔は長男よりブウなんだけど、本当にかわいい…と言われたことが何回かある。本当です。

 

 

ほん怖

先日実家の母がくれたほんとうにあった怖い話の漫画を読む。

 

ものすごく怖い。

 

歳をとってダメになるのは絶叫系アトラクションだけじゃない、怖い話やホラーもだと思う。ストレンジャーシングスで限界。

 

 

そんでそのほん怖マンガ読んで窓の方見れなくなったら夜中のトイレが苦痛になったりして、子どもたちと寝ていることをちょっと感謝したりしてるんだけど、

 

この家に引っ越してきてからわたしとH氏の体調が立て続けに悪いのって…もしかして…などといらん妄想をしてしまう。

 

いや、もし本当にそうなら子どもたちや犬だって不調なはずだ、冷静になれ、U子。

 

 

明日は久しぶりのお通夜なんだけど、どうか道中何事もなく着きますように…