読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

点と線

連休の月曜日くらいから久しぶりに風邪を引いて、のども痛いし、鼻水はとまらないし、くしゃみは出るし、そうすると鼻水もとまらないし、とりあえず最悪だった。

 

ついでに昨日は台風の影響で北海道の天気も大荒れで、10月の中旬に雪がつもるなんて、さすがに極寒の北海道といえどあまりないんだけど、さらに最悪で、

 

いや、こんな程度で最悪っつったら被災した方々に申し訳ないけど、とりあえず自分の周囲の物事の中では最悪だったのだ。

 

 

天気も体調も最悪だったのに、さらに最悪だったのは、最悪な気分と体調にまかせて恋人に日頃の不平不満が大噴火して感情をぶつけてしまったこと。

 

 

私の恋人にはソファでうたた寝→朝までそのまま、という癖があり、週に4−5日は一連の「寝る準備」を行わずにソファで寝てしまう。

 

寝る準備もせずに朝までそのまま過ごし、朝になって歯を磨いたりコンタクトを洗浄したり、風呂に入ったりする姿は、絵に描いたようにだらしなかった二人の父親だった男を思い出させ、

私にはそれが、どうしても、どう違う方向から考えても、自己啓発本などを読んで自分を更生させようとしても、結果、どうにもこうにも許せない行為となった。

 

一生それが続くんだとしたら、今の恋人となんて生活をともにできないし、彼のその姿を見るたびに父親を思い出すんだとしたら、一緒にいないほうが生活が楽しい。

 

私の気持ちを伝えると、彼は「わかった、努力する」とコメントし、その後も何度となく同じ内容で喧嘩を繰り返してるんだけど、

 

昨日、台風と体調が最悪だった昨日の夜、じゅびじゅびと鼻をすすりながら帰宅すると玄関には鍵のほかに金具のロックがかかっていて、恋人はなかなか出てこない。

 

何度もピンポンを押してやっとドアを開けてくれたと思ったら、リビングには彼の犬がうんこもおしっこも失敗してる…

 

ちょっと、うんこ、おしっこもあるよ〜、と寝ぼけてぼんやりしている彼に言ったけど、彼は布団にくるまって私の発言には耳もかさずにソファで横になりむにゃむにゃと無視していて、その態度にカチンときた。

 

食べたら食べっぱなし、お弁当箱もそのまんま、うんこもおしっこも片付けない、その後もソファでごろごろしながらテレビを見て、寝たまま「ケーキちょうだいよ」などと言い出し、

 

ごはんをつくることも、お弁当をつくることも、彼と一緒にいることも、全部自分が選んでるってわかってるのに、

 

彼のひとつひとつ、その姿すべてが私の勘にさわって、どうしてこの人はこのような態度しかとれないんだろうと、感情に支配されて涙が出そうだった。

 

いつまでもぐだぐだとしてて風呂に入らない姿を見かねて、「まだシャワーはいらないなら、私先に入るよ」と風呂からあがると、またソファでぐうぐうと寝ている姿を見て、

 

私は我慢してた心の糸がぶち切れて、「ちょっと!起きてよ!お風呂にはいってちゃんと寝てよ!!いっつもいっつも何考えてるの!?」とすごい剣幕で怒った。

 

寝てるときにすごい剣幕で私に怒られた恋人はびっくりして「すっごい顔してるよ、どーしたの、今起きるって、風呂あがるの、待ってたんじゃん」と半笑いで私に告げたけど、

 

私は心が真っ黒になって、もう何も話したくなかった。

 

いつもいつも同じパターンで朝まだ嫌な思いをするのは私なのに、この人はどうしていっつも自分のことばっかりなんだろう、私だって風邪引いて具合わるいのに、遊びみたいなバイトとはいえど一応働いて帰宅してるのに、なんなの、なんなわけ?

 

風呂からあがった恋人は不機嫌を全身全霊で表してる私を見て、「なんで怒られてるのか意味分からん、ちゃんと起きて寝るって言ってるのになんなの?」と不機嫌になっていた。

 

狭いアパートで、お互いもやもやしてる深夜2時(彼が起きたのは1時30分)、そのまま一人でいるのにも感情を処理しきれないので、

「ちょっとさ、すっきりしないし、ちゃんと話したいんだけど」と寝室の電気をわざわざつけてねちっこく彼に話しかけると、

 

「俺さ、明日も早いし、今話すことじゃないんだったら今度にしてほしいんだけど、こんな深夜に話すことじゃないでしょ」とぶっきらぼうに言う。

 

 

そこでさらに私は心がまっくろになって、寝室から退室して少し涙をこぼし、とりあえず心の整理のために関連図を書いた。

 

関連図を書くのなんて初めてだったけど、とりあえず今の私がどうしてこんなにイライラしてるのか、

彼に話が通じないのはどうしてなのか、私のどこがこじれてるのか、あんまり深く考えずに、心に浮かんできたことだけを、一つ一つしょーもないことまで書き込んだ。

 

やぶったノート裏表びっちり2ページ分、1時間くらいで夢中で書き込むと、自分のどこがこじれてたのか、相手の何を分かってないのか、私が軽視してたのはどこなのか、いろんなことが書いてあった。

 

 

 

そもそも私は、自分でも意識してなかった過去からのいろんなことの積み重ねで、今ここにいて、暗く深い穴に落ちている原因は、彼が寝る準備をせずにだらしない姿でソファで寝ていることではなく、

 

そのずっともっと前、引っ越ししてからも自分の荷物を整理しなかったことや、私の荷物の搬入をちっとも手伝わなかったこと、二人の生活を築くことに積極的ではなく思えることなど、

 

いろんなことが根深く浮かんで来て、そのつどうやむやにしてきたことが、いまここでこんな感情になっているんだなぁと関連図を見ながらしみじみと思った。

 

きっと彼にしてたら、自分は仕事で疲れてごろごろとリラックスしながらテレビ見てうたたねしてただけなのに、

 

突然バイトから帰って来た恋人に、ぎゃーすかぎゃーすかと騒がれ、騒がしいと思っていたら怒鳴られて、深夜にねちねちと寝室まで追って来て問いつめられて、

 

まじでなんだこの女、意味分からんヒステリーめ、という気分だっただろうなぁ、とほほ、ということも関連図を書いて分かったし、

気持ちを相手に理解してもらいたいときは、私みたいにぎゃーぎゃーとまくしたてたら何も伝わらない。

 

 

何事もそうだけど、物事は点で起きてるようで、ぶっとくて曲がりくねった線でつながっていて、

 

一つ何かが起こったときに自分は渦中にいるから「ありえん」とか「ひどい」とかその時点で判断しがちなんだけど、

 

だけどもっとずっとさかのぼって解決しないとなかなか根本はどんどん深いところに埋まってしまってる。

 

生きてると罠みたいに落ちてるいろんな問題にはまっちゃって、なんとなく抜けられたところでするりと通り過ぎて来ちゃうけど、

 

物事が割とちゃんと解決できるうちに向き合っていくのが、きっと一番気楽なやり方なのかも、と思った。

 

ちなみに、関連図で心落ち着けてから、世間のカップルはどのようなことで男女の生活における問題を解決してるんだろ?と疑問に思ってネットで調べてみたら、ちゃんとヤフー知恵袋で検討されてた。

 

妻は夫に対してイライラの対処方法を教えてくださいってのがすごく多くて、

 

夫はイライラしている妻の対処方法を教えてくださいってのが多くて、

 

回答はお互いに「思いやりをもつこと」「相手の立場を理解しようと努力すること」などと同じことが書いてあった。

 

思いやり、優しさ、配慮……

 

 

ほんっと、ほんとに思うけど、好きだという気持ちだけじゃ、お互いに一緒にいられないんだなぁ。

 

「パートナーと良好な関係で生活を確立する」って、とても難しい、大人の達成課題だと思って、日々真面目に取り組もう。

 

思いやり、優しさ、配慮……

 

 

今日もソファで眠る恋人を横目に、さて、おやすみなさい