Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

なみだで見えない

昨日のこと、ポケモンの新作映画「ココ」を見にいく前に化粧をしていて、

「あ、マスカラ塗るんじゃなかった、涙で落ちるかも」と思った時に、

 

そういえばあたし、このことつい最近同じこと思った気がする・・・と化粧を続けながら少し考えるに、

あぁそうだ、この前の息子のクリスマス生誕劇の発表会の前に化粧をしたときに思ったんだった、ということを思い出したのだった。

 

先日市の劇場で開催された幼稚園のクリスマス生誕劇は、今年はコロナの影響で保護者が一人のみという鬼ルールだったけど、

しかたない、いまのご時世だし、文句行ったって虚しいだけ、とがっかり肩を落としながら夫と一緒に息子の勇姿を鑑賞できなかったことを悲しんだけど、

 

出発間際に夫から「いちおうカメラ持って行って。出来は全然期待してないから大丈夫、とりあえずオートフォーカスでとればなんとなかるから」とか言ってバカでかいカメラを渡されたので、

防寒のために小脇に抱えてたジョンストンズのお気に入りチェックのストールの代わりに夫のニコンのカメラを抱えて会場に向かった。

 

息子の姿をとりたいのに、ファインダーが涙で曇る。

ちゃんととれてるか確認したいのだけど、なんせ涙で目が曇り、鼻の油で液晶が曇っていたので、十分には確認できなかったけど、とりあえず見れない夫にも新鮮な姿を送りたい一心でシャッターを切った。

 

バックパッカー中に悲しいことがあったとき、一人で感極まってた私はベルリンの石畳を踏みながら、「涙で目が見えなくなるのは、歩くのをやめて、しっかりと立ち止まって噛みしめるようにってゆう身体からのメッセージだ」などと真剣に思ったことがあるけど、

 

涙で見えないシャッターを切り、じゅびじゅびと鼻水をすすりながら、「涙で目が見えなくなったって、立ち止まれないときだって人生にはある」などと思った。感極まってました。

 

ほんと息子がからんでくると感極まっちゃうシーンが多くて、アレですわね、おほほ。

 

あの胎児で私の腹壁を蹴り飛ばしてた息子が、イエス様の誕生をお祝いして乳香をお捧げするなんて・・・(博士役でした)、ウゥゥッ

 

 

そうして案の定マスカラは涙で流れていた。

 

 

劇場の席でこっそり流れたマスカラを確認してるときに、「あれ、私、最近もこの行為したと思ったけどどこでだったかな、いつ泣いたっけ」などと考えるに、

 

あ、そうだそうだ、鬼滅みにいったときに号泣したんだった、その時だ、と思い出したのだった。

 

煉獄さんのシーンでも号泣し、共感し、マスカラを流して劇場の席でこっそり確認したんでした。

 

そんな涙にまつわる化粧のことをが最近続いて、職場の化粧はマスカラしなくなったし、

お出かけのときだって飲み会は爆笑するから涙出ちゃうしサ、

てゆうかそれ以前にね、もはや目元を盛って気分あげるような飲み会に参加しなくなってるしネ、

そうなると、もうマスカラするようなタイミングないんじゃないの?

 

感動して泣いたり、涙でるほど笑ったり、あたしも割と忙しいな、けっこう楽しく毎日すごしてんだな、ってことを、今日の朝の化粧の時に思ったのでした。

 

 

今年がもうすぐ終わる。

今日は仕事納めでした。病院勤務のときは年末の仕事納め感を感じたことはなかったが、さすがデスクワークとなるとみなさん、しっかりしてらっしゃる。

私も今日は仕事を意地でも納めてやるぜぇぇぇぇぇえ!と気合いいれまくりでしたが、18時にシステムメンテナンスの関係でパソコンが使用できない状態になり、けっきょく半分も仕事を納めず来年に送りました。いいのよね、それで。

 

 

ちなみに2020年の目標は、キャンプに行く、ダイエット、O脚を直す、でしたが、、、、

 

 

2021はね、もっと数値的に評価できるようにしようと!

 

貯金150万/年!!

 

職場の人に発表すると、そんなん簡単ですよ、目標金額を毎月積立すればいいだけだから絶対到達できます、頑張ってください、と励ましをうけた。みんなしっかりしてるんだわ、ほんと。

 

あとは今年37歳の目標はクロゼットに好きな服しか入ってない状態を作ることなので、

貯金と合わせてそちらの目標も到達していきたいです。

 

今年も家族のおかげでいい一年だった。色々とあって疲れて窮屈で憂鬱で緊張するようなこと、たくさんあった2020年だったけど、それでもみんな元気でいることが、何よりもほんと、お疲れ様でした。

 

あとは正月はダラダラとぶたや牛みたいに過ごしたいので、年末はお掃除と断捨離がんばるぞ

 

 

あっ、そうだった、横浜の友人から、たくさんの肉まんとあんまんが届いて、マイナス10度の夜20時に家に帰宅すろと玄関前に置いてあった。

 

中が凍ってないか心配だったけど意外と大丈夫で、さきほど一つせいろで蒸して甘いあんまんをH氏と半分こにして食べた。

一緒に私がこよなく愛するクラブハリエのバームクーヘンと、いずみやの浮き輪型クッキーも同封されていて、

 

この前の横浜の別の友人Sちゃんから愛するイズミヤの浮き輪型クッキーをいただき、

 

近い友人が、私の好みを知っていて、好きなもの送ってくれるのはほんと尊い・・・とか思いながらバリンバリンと食べました。

 

えっ?いずみやの浮き輪型クッキー食べたことないって?うそでしょ、銘菓すぎるからほんと一度お試しあれ。

 

 

down

今日はちょっと仕事の一番最後に落ち込むことがあって、ハァ〜〜〜なんてトボトボと息子たちの幼稚園に迎えにいき、

 

帰宅後も次男は甘栗を食べながらストーブの前で寝てしまったので、息子と夫の実家からおすそわけしてもらった五目おこわをユーチューブみながら食べた。

 

いつもはテレビやユーチューブは見ないようにしてるけど、落ち込んだときはまぁそれくらい許可する。

 

長男に「お母さん、今日お仕事でちょっと失敗して落ち込んでるんだ」と言うと、

「だいじょうぶ?ちょっとおいで、ここで僕をぎゅっとしながらゴロゴロしたらちょっといい気持ちになるかもよ」と布団に誘われたので、その通りにしたら案の定いい気持ちになった。

 

ええ子や・・・そりゃこの私が育ててるからな・・・・という気持ち。

 

毎回思うけど、長男の幼稚園であった話はなんて素晴らしい内容なんでしょうか。一冊の絵本にできる内容だ・・・などとじーんと聞いてると、夫帰宅。

 

帰宅した夫に「ちょっと懺悔したいから今日の出来事きいて」と自分のミスについて懺悔したところ、

彼は長男と一緒に意識半分をキン肉マン(ユーチューブ)に向けてたけど、もう半分を私に向けてくれ、

「てゆうかあんたがどーこー言おうが余計な介入しようが、結局は本気でその人たちにやる気があれば自分から行動してるし踏みとどまってるから気にするな、あんたは関係ない」などというような内容のことを言われ、それはそうだけどさ、という気持ちになった。

 

それはそうなんだけど。自分でもわかってるんだけど。

でもこういう仕事をしてる以上、自分の行動や言動ひとつひとつが人の人生を、人の意思決定を左右させる立場にいる、情報を持ってるってことは、いつも忘れないようにしよう、と再確認したのであった。今後に生かそう。それ以外に道はない。

 

いつも後悔のなるべく少ないようにしたい。

これがこれであーだからこうしたってことを、なるべく多く考えられる自分でいたい。というようなことを考えながら今日は帰宅しました。

 

 

なんだか最近気分がさえないですね。きっとみんなそうだよな。閉塞感みたいなのに押しつぶされそうになってる。

 

友達と堂々とあいたいし、普通にただ笑って飲んで食べてしたいですね。

 

 

さて、おやすみなさい。

 

クリスマスツリーを毎年購入したいと思ってるんだけど、なかなか決め切らないのはもう十二月の恒例と言える。おすすめあったら教えてください。

 

 

 

 

1-2-3

そういえば結婚記念日でした。

 

ということで、仕事帰りに家族で焼肉食べに行ってきました。焼肉の街です。

 

お昼休み、お弁当食べながら結婚記念日にちゃんとお祝いで食事なんてステキですね、などと言われる。

 

そうそう夫はそういうところステキなんですよ。

私の誕生日も私以上に喜んでくれるし…

 

保育園にお迎え行ってくれた夫とお店で集合する。夫の車から降りてきた息子たちが私に笑顔で巻きついてきて、おかーさん、今日ね、けっこんしたひだからおはなあるんだよ、と次男が小さな手で私の右手を握りながら教えてくれた。

 

帰宅するとお花ももらいました。

いっしょにおはな買いに行ったんだよ、とのこと。

 

 

夫と結婚して、8年目に突入。

腹が立ちすぎて涙したことはあったけど、悲しくて泣いたことは一度も無かった。

 

腹立つことはあっても、悲しいことはないなんて…

 

 

楽しいことも嫌なことも腹立つこともたくさんありまくるけど、いつも普通の私たち。

ほんと信じられない、ソッチ方面は寂しさと悲しみに暮れてロマンスを探してた私がまさか。って、これ毎年言っとるな。

 

来年も変わらず結婚記念日お祝いできますように。

 

 

さて、死ぬほど疲れたけど梨泰院1話見れてよかった。おやすみなさい。

 

 

冬到来

また最近書いてませんでした。

 

一度書かなくなったら書かないでいられる毎日が日常となり、日常となったら書くことをすっかり忘れてしまってあたりまえみたいな顔して毎日ブログ書かずに過ごしていく…なんてことから書こうとか思ってたのに、はや1ヶ月が過ぎ去ってますね。はい、もうこちらは冬です。

 

みなさまいかがお過ごしですか。

 

なんか色々とあった気がする。

 

長男就学前につき、健診とか相談とかしたり、研修とかあったり、、、

 

そうそう新人研修があったんでした!

 

37歳の私が20歳やら22歳やらの新卒と交わってグループワークとかして、マジで地獄を見たんでした。

 

思い出しても辛かったんでした…

 

アイスブレークでグループの共通点を見つけて発表しましょ〜!なんてやらされ、

 

出身地〜?

みんなちがうね〜

んじゃ部活は〜?

やっぱちがうか〜

あ、じゃ年齢は?

22歳の人?はーい(4人手をあげる)

あれ?Aくん、何歳?ぼくは専門卒なのでいま20歳です、

そっか〜なかなか揃わないね〜とかいって、わたしには年齢聞かれない…こととか…うっうっ…

 

辛かったんでした…

 

そして新人研修に4日間も費やされ仕事と精神的なダメージが大量に蓄積されてバタバタと11月が過ぎ去ったんでした…

 

 

しかし!その間にバチェロレッテを楽しみつくして杉ちゃんにわたしのローズを捧げ、

愛の不時着を完走して私の心にもヒョンビンが不時着し、

そしていまは梨泰院クラスにも手を出していたのでした!!

 

振り返ると十分充実してましたね。

しかし個々人の時間が少なすぎて夫とあんまり会話してない気もする。

 

そんなこんなでこちらは朝と夜は氷点下になり、雪も降り出し、薪も毎日焚きまくってるし、北海道の冬の入り口、という感じ。

秋にとれた野菜も凍るので、みなさん土に埋めたりムロに下ろしたり冬支度です。ほんと絵本の世界みたいだよね。毎回思うけど。

 

そういえば私も最近は斧で薪割りを習得しました。

朝方のランニングがとうとう夜明けが6時半になったおかげでできなくなり、そのかわり薪割りしてます。

パカっと割れる感じがストレス発散になる。

無心でパカパカ割りまくっていい気分になり、今だったらリックにも負けない気がするぜ、とか思って斧振ってます。

 

 

ふふふ、何度も言うけど横浜で光った唇でヒール鳴らしてたってのにさ、今は早朝から斧で薪割りしてるってさ…

 

夫はコーヒーでも淹れながら庭にあるわたしを真剣に見つめ、U子、こうしたら足を怪我するから危ないよ、でも良くやってるなどと斧の使い方も教えてくれて、サラッと薪割りを褒めてくれたりして、ほんと甘い時間ですよね。それって。

 

という感じの毎日でした。

 

さて、おやすみなさい。明日もがんばれ

journey

 

今週末はまさに絵に描いたような秋晴れの土日で、紅葉シーズンの北海道としては最高のロケーションとタイミングでしたので、心底遊び尽くし、うとうとしながらブログ更新してます。

 

何度スマホがメガネを直撃しそうになったか…

この前つくったばかりなのに…

 

 

昨日と今日は例の知人から譲り受けたカヌーを屈斜路湖に浮かべた実に価値ある週末でした。

出る時、ヨッシャーいざ参らん!準備だぜ!って毎回意気込むんだけど、毎度毎度目標時間の30分くらい過ぎてから出発するのはなぜ

 

 

カヌーも山も湖も空も雲も最高でした。

夫は最and高やな!と謎の方言で何度も言ってましたが、私は最and高とか言ってる人あんまり好きじゃないので軽く無視した。

 

生まれ育った地元のこと、好きだけどあまり好きじゃなかったり、よく知らなかったりして、

他の人が北海道最高じゃん!とか言ってくれても、まあ、ね、くらいの反応してたけど、今なら違う、北海道は最高と言い切れる。

 

北海道は最高っす!

 

毎度のことながらわたしの写真がヘボくて伝わらないけど、天気が良いことだけはおわかりいただけるだろうか。。。

f:id:ukox:20201018233643j:image

 

f:id:ukox:20201018233736j:image

 

f:id:ukox:20201018233751j:image

 

f:id:ukox:20201018233822j:image

 

f:id:ukox:20201018233847j:image

 

f:id:ukox:20201018233919j:image

 

f:id:ukox:20201018233949j:image

 

f:id:ukox:20201018234016j:image

 

気温はだいたい15度くらい。朝は2度くらいまで冷えてきたけど、まだまだ遊べる。

 

あー、遊んだ遊んだなんて言って帰ってきて、

わたしはしみじみと今までの人生でいろんな時間を遊びに費やしてきて良かったと思った。

 

それはクラブで体を揺らして朝帰りを繰り返したりアジアら辺をバックパックしたりひとり遊んできた夫も同様に、

40歳なのにへそピアスが開いてたりするママ友家族も思ったと思う。

 

遊びを楽しむのはある程度の経験がいるから、とことん最高に楽しいところまで体験できるある程度の自分でヨカッタ〜。そして家族で一緒に楽しめるお友だちできてヨカッタ。

 

この先長い人生で、いろんな大変なことを遊びに変えて楽しめるような好奇心と、向上心と、行動力がある息子に成長してほしいですな

 

f:id:ukox:20201018234857j:image

そして10年くらい前に横浜で購入したイルビゾンテのブーツについに穴が開いて浸水するように。くすん。

このブーツは友だちと2人で一目惚れして高いけど買っちゃえ!とかはしゃいで色違いで購入したんだけど、

横浜にいるときは雨でも全然使わんで、こっちに帰ってきてからガチの用途で使う頻度が増えたオシャレレインブーツです。たくさん頑張ってくれました。ありがとう。

 

そして次はエーグルの長靴を先程ぽちり。次も穴あくまで遊び倒したいです。

 

 

 

ジャネーの法則

今日は週末遊び倒すために残業してまして10時頃帰宅しました。

ふぅ、なんとかなりそうなところまで終わらすことができたぜ、ゼェゼェ、という心境。

 

子供たちはうちの実家の母がお迎え&ご飯を与えてくれ、残業終わってお迎え行ったら鬼滅の録画を真剣に見てました。

 

おもしろいよね。私はやっぱり音柱派〜とか思ってましたが、なんだかんだ言ってやっぱり富岡さんが好きです。

 

明日はあっと言う間にもう週末。えっ一昨日誕生日で温泉行ったと思ったのにねってくらい周りが早い。

 

毎週週末といえば遊び倒してるので、月曜日は家族一同疲れが溜まっている。

遊び疲れが溜まっている月曜から、なんとなくギアが入る火曜日、もう水曜か〜、ご飯つくるのめんどくさ、木曜日はやばい、今日もプラごみ出すのわすれた、えっ金曜日?やばい今週何も仕事してないのに終わった・・・

 

という感じで1週間、そして1ヶ月が過ぎていく。

 

こりゃこのペースで行くと還暦も目前ジャネー!

 

えー、昨日は係長とアドバイザーと面接し、本日は課長と面談。なんせ新人職員なもので。

「U子さんは今年は新人だけど、歳もいってるし来年からは新人扱いにならにならないと思うので今後もがんばってください」的なありがたいコメントをいただき終了。むしろ今年の今まで新人扱いされてたのかということに疑問が残る。

 

疲れたので明日遊ぶのために寝る。

それではおやすみなさい。もう風呂も入らんし化粧も落とさんよ、いいのいいの、もういいんですよ、すぐ還暦くるんで・・・ムニャムニャ

 

 

元気な自分のこと

さっき夫がおもむろに私の前でフラフープをしだしたので、部屋着のスウェットに浮き出る股間周辺を凝視してたらすぐやめてしまった。

「え、なんでやめるのさ」と声をかけると「いや、別に」と苦笑いしていうので、

「もしかして私があんたの股間をジッと見てたからかい?」と尋ねると、「いや、そうじゃない」と言った後、少し間を置いて「いや、うん、やっぱりそうだな」と独り言のようにつぶやいたので欲情しました。こんばんわ。

 

誕生日の次の日に横浜に住むSちゃん(前職の後輩)から「1日遅れたけど誕生日おめでとうございます!」とメールをもらった。ありがとう。

 

そしてそのメールには「最近懐かしくて、あなたの昔のブログ読み返してました」と書いてあり、なんとなく昔の写真を送りあう流れになり、過去の元気なわたしたちを久しぶりに見たんですけど。若くてなんか元気で今よりメイクとオシャレに気合はいってて可愛かったです。

 

あの頃はまだ断捨離してないごちゃごちゃとした1LDKのゴキブリと毛虫とがめっちゃ出るメゾネットタイプのボロくて最強に日当たりがいい部屋に住んでいて、

今よりもっとがむしゃらでヘロヘロになるまで真剣に仕事していて、

今よりもっと自分が自分であることに誇りというか自覚を持っていて、

今よりもっと世界のすべてが自分のもので、地球は私を中心に回っていて、色んなことに多感な時期で、

今よりずっと楽しいことが多くて、色んな意味でものすっっごく元気でした。

 

それが若さというやつなのか、今のところはまだよくわからないけど。

 

10年前の私はものすごく思い出深い恋をしていて、あまりに満身創痍でかっこわるくて惨めでかわいそうだったけど、それでも笑っちゃうくらい元気なので、よしとする。

時々引っぱりだしてきてたまに見るアルバムごとく、私の過去のブログもひっそりと思い出してこっそり読んでは懐かしい気持ちに浸って元気になる。

 

友人たちがかけてくれた素敵な言葉や、誰かと話した印象的な会話が残っていて思わず笑ってしまったり、大好きな友達、大好きだった人のこと、過去にデートした男性のしょーもない発言、旅行に行ってみたこと、写真に写らない言葉たちをあとからみれて、ブログ続けてよかった〜。

 

最近のブログについては、なんだか家族のことばかりだし、そればっかり記すとハッピーホーム自慢野郎みたいな感じになっちゃったら困るとか思ってたけど、おこがましかったです。私の人生や生活なんて、他人が見ても別にうらやましいようなものじゃないよね。おそらく。

 

正直な気持ちで更新していこうと気持ちを新たにしたところです。

 

 

そして先日大学時代から仲のいい男友達チョコが結婚してパートナーの女性と会いにきてくれました。

彼とは長いつきあいだけど、彼の彼女とあったのは初体験なので最初緊張しましたが、とってもいい子だし、何よりチョコが幸せそうで、暖かい気持ちになった。心からおめでとう。

 

大好きな彼氏(夫)の仲のいい女友達ってさ、ポジションが難しいですよね。そんなことについて考えるのは私だけですか。

なんかチョコとまさしの思い出話とかクソあるけど、あんまりそれで盛り上がると疎外感感じるかもだし、無邪気なマウンティングになっちゃったら今年の年度末幸せ評価から減点80点くらいされそうだし・・・

 

私だったらH氏の仲のいい女友達なんて初対面から呼び捨てでサシ飲みできるなって思うけど、みんながみんな私みたいに誰にでも話しかけないっていうのはさすがに37年くらい生きてきたら知ってるもン・・

 

なんて考えてたけど、普通に祝福の気持ちはめっちゃあるので、あなたたちを心から祝福してます!という気持ちで会いました。

 

あるいっとき深く濃密に過ごした友人たちが、それぞれの別れた世界を持って、今はそれぞれ違うところで生活してるけど、おへそのあたりの芯の部分ではしっかり道みたいなのは繋がってる気持ちは大事にしたいです。これからも心は近所だよ、ほんとにそれはそう思ってる。

 

 

戻ると元気になることを大事にしてるけど、きっと10年後は、今の私の生活を涙がでるほど懐かしんで、あのころは本当に幸せだったなって涙ぐむ日が来るかしら。来るわ、絶対。間違いないです。自分のことだからわかる。

 

そのときも今のように「しあわせだったし、色んなことがんばってたよな、あのとき」って思いたい。頼むよ、10年後の自分。47歳かぁ。ひょえ〜どんなこと考えてるんだろ、って思うけどきっと今とあんまわからないですね。だって27歳の頃と考えてたこと全然変わらんし。

 

 

さて、おやすみなさい

 

明日も仕事がんばります。