Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

かぞく

あれっ、もう7月も中旬じゃないですかぁ!

 

早いですね〜〜〜〜あっという間ですねぇ〜〜〜〜〜〜なんて言っているまにまじでもう7月ってまじか、という感じなくらい早いですね

 

私です、こんばんわ。

 

 

f:id:ukox:20170707132020j:plain

ほんとかどうか知らないけど、いずれといってもそう遠い未来ではないくらいの未来の東京の気温は、今の屋久島くらいになるって話を聞いて、

 

ええ〜〜???そしたらスーツのサラリーマン絶滅するんじゃないのぉなんて思ってましたが、ほんとかもしれません

 

だって北海道の東の果てに住んでる私たちは最近35度前後の暑さにひぃひぃ言ってるんですもの。

 

あつい、あつすぎる。

息子たちがくっついてくるからさらに暑い。

 

暑いので海にいったり水浴びしたりしてます。

毎日午前中とお昼寝あとの2本立てコース・・・・

ほんとしんどいけど、北海道の夏はお盆過ぎたら大体終了のお知らせがくるので、必死。

f:id:ukox:20170708125437j:plain

今年は海も行きました。

スイカ割りなどをして楽しんだ。オホーツク海はめっちゃ冷たくてこんなに暑くても泳いでる人ほとんどいません。

 

 

f:id:ukox:20170704154242j:plain

f:id:ukox:20170704153709j:plain

ついでに建設途中の家。

いまはこれより進んで屋根も壁も窓もついてるところ。

 

 

息子も夫もどっちの両親も元気。

さらに言うと友人たち、さらにその家族も元気だし、みんな笑顔で会うことができる。

 

今が一番幸福な瞬間なのかもなぁってことをなんとなくしみじみ感じた今日の夕方。

 

 

何者でもない自分のことを、最近ちょっと受け入れたくない日がちょろちょろとあったけど、そんなアホなこと考えてないで幸せを噛み締めようと思った。

 

ちいさな子どもの汗の匂い、しめった肌、高い体温、甘えた声、寝息、そう言うの全部ぜんぶ、わたしたち家族の青春なんだよな、たぶん。

 

 

 

広告を非表示にする