読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

苦行のような1日でしたね

今朝も寝坊した。

起床したのは7時40分だ。仕事のはずの夫はソファで朝を迎え、起き抜けにパズドラをしている。

「おはよ〜〜〜昨日さぁ、夜中にスイカ食べたらお腹痛くなっちゃって全然眠れなかったんだよ〜もう最悪」との報告。

 

キッチンを見ると、うむ、確かにスイカ1/4量の皮がのった皿が放置してある。

 

 

ふーん、あっそ!!!!!

 

 

そういう寝起きであった。

 

 

のそのそ起きている夫に「お腹こわしてるからパン食べていかないの?」と尋ねると「パンは食べるよっ」と脱衣所から元気な声が聞こえてきたので久しぶりにトースターでパンを焼いたらちょっと焦げた。やっぱり寝坊した朝に慣れないことはいかん。

 

遅刻ギリギリで風呂からあがった夫は、めずらしくというか、ありがたく、時間ギリギリだったが犬のトイレ掃除と餌やりを率先して行ってくれ、

「わっ、パン食べる時間ないや!!」とアセアセしていたのでパンをかわいいお弁当箱に入れてあげて見送った。

 

時間ギリギリなのに腹をこわしてパズドラをやって寝転んでいる姿を見たときは心底げんなりした気分になったけど、

せっせと犬のトイレ掃除と餌やりをやってくれる姿を見た瞬間、心のモヤモヤはすーーーーっと晴れて、大好きな夫に早変わりし、朝からディープキスでもした気分になったが、

それは夫に嫌がられるを分かっていたのでさわやかに見送り、

 

「あぁ、わたし、ほんと、犬の世話が負担なんだな」と実感した。

 

負担負担と思ってると毎日のしんどさが日数にガンガン比例してでかくなり、もう嫌悪しか感じないレベルまで到達しそうで、

 

こういうのが犬の世話じゃなくて、「育児」ってカテゴリーだったら、それはそれは毎日もう地獄だろうな。そうやって日々過ごしている人も、きっとけっこういるんだろうけど。

 

 

ってなんの話だったけ

 

そうそう、それから子育て支援センターのイモ植えに行ったという話。

 

そんな夫は朝めずらしく

「ねぇ、臨月なのにイモ植えなんて行って大丈夫なの?」と私に聞いてきた。

「てゆうか一応私1人と息子でいるよりは、集団にまざったほうが誰かいるし息子みてもらえるし安全だと思ってなるべくそういうのに参加してるんだけど」という私をチラッと見て、「あんまり無理するんじゃないよ」と言っていた。

 

めずらしい・・・・

めずらしく私の体を心配している・・・・!!

 

 

夫に忠告されたように無理せずに、重くて動かない体で朝から洗濯したり掃除したり茶碗あらったりご飯準備してるともう時間がギリギリってゆうか全然間に合わず、

息子を車に乗せて目的場所に到達したときにはすでにイモ植えは終了していたが、

保育士の先生が「あらっ、まだイモ余ってるから植えましょうか!!」と誘ってくれてなんとか4つの種芋を植えることができた。よかったね。

 

私は「臨月なのにこんなところに出向いてえらいなぁ」「臨月なのにこんな風に息子につきあってあげてえらいなぁ」と毎日自分で自分を褒めて過ごしているんだけど、

 

今日イモ植えにきていた他のお母さん(話したことない)に「いつ生まれるんですか?」と聞かれたので、

「予定日は来月末です、ちょうど臨月に入ったところで」と答えると、

「えぇっ!体もしんどいのに、がんばって外出されてるんですね!本当にすごい!きっとお腹の子もいい子だし、チーくん(息子)もいいお兄ちゃんになりますね」とニコッと褒めてもらって、

 

えっ、うれしい!!!

 

みたいな感じで、心がジーーーーンとした。

 

誰も言ってくれないから自分で毎日言ってることを、なんてサラっと言うの、この人は・・・・・

 

「そんな風に言ってもらってありがとうございます」と素直にお礼を言った。

 

私もそんな風に誰かをサラっと、しかしものすごく的確に褒められるような女性になりたいなぁ

 

 

他のお母さんがどんな感じのままファッションしてるのかをジロ見してるようじゃ一生到達できんなぁ・・・

 

よーし明日もがんばるぞ。

 

 

ちなみに・・・・

支援センターの帰りは1時間ほど園庭と駐車場と近くのショッピングセンターのキッズスペースで遊び、

帰りは歩道橋を渡った先にあるツタヤの中に入っているカフェの中でお昼ご飯を食べようと試みるが、

息子はチョロチョロと歩道橋から顔をだしたり階段を抱っこしてとねだったり謎に靴を脱いだりして連れて行くのも一筋縄ではいかず、

カフェに入って注文を待ってる時間もチョロチョロチョロチョロと店内を徘徊して荷物のカゴの中に入ったり雑貨を物色したりと気もそぞろで、

注文したピザは一口食べただけでイヤイヤと首を振っておもちゃが売ってるゾーンに走って行ってしまうので、

わたしはピザをほぼ噛まずに注文したカフェラテで一気に飲み干し、店内を物色しまくる息子を無理やり抱っこして歩道橋を渡り、支援センターの駐車場に戻った。

 

12キロの息子を抱っこして動くのはものすごく体力が必要だったし、読みがあまかった自分を悔やみイライラした。

 

 

私の個人的なモットーとしては、「息子が動いたり遊びまわったりして怒る・注意するような場所にはなるべく連れて行かない」というのがあるんだけど、

今日は見事に外れて、怒らないようにする自分にも、好奇心いっぱいで動き回る息子にもどっちも疲れてしまった。

 

ひぃひぃ辛くてお腹も張って危険だったし、もうほんと、無理はしないように気をつけよう。

ってゆうか気をつけてるんだけど、今日は読みが外れた結果無理してしまった、というか。

 

まぁつまりはもっと読んで行動しろって教訓ってことか。

 

 

 

ということで明日は幼稚園のプレスクールで外遊びの予定・・・。

 

 

どうか破水だけはしませんように、神様もう少しだけお願いします

 

 

こんな日もまた、懐かしいって思えるようにちゃんと覚えておこっと

 

おやすみなさい