読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

秘儀

息子も断乳したことだし、そろそろお昼寝も午後1回に調整しないとなぁ、ということで

 

最近はなるべく午前中に遊ばせて、眠くて機嫌の悪い息子に無理やり昼食を食べさせてから午後に寝かす、というのをしてました。

 

息子が生まれて子育て支援センターに通うようになってから、ずっと午後の部(午前と午後の部がある)に行ってたんだけど、そういう理由ではじめて午前中に行ってみた。

 

午後は5人くらいしかいなくてひっそりと流れていく1歳児クラスも、午前中のクラスは打って変わって20人くらいごちゃごちゃといて活気ある様子!

 

へぇ〜!こんな感じなんだぁ!!なんて初めての祭りに来た観光客みたいな感想を胸に、かわいい息子とこそこそ(新規加入者だから)遊び、お母さんウォッチング。

 

ひとりおしゃれでかわいいお母さんを発見!

得意の秘儀・不躾(ひたすらジロジロ見る)で観察したところ、どうやらかわいいキルティングコートはトラディショナルウェザーウェアのものである。靴はアグでストールはジョンストンズかもしれない、リュックサックはどこのかな?着てるセーターは去年のザラ(同じの2着も持ってる)だし、息子のつなぎはラルフローレン、着用してる赤い手袋はあらまぁ息子に欲しかったパタゴニアのやつだ!

 

うん、久々におしゃれでかわいいお母さん見た!お友達になりたい!!と思って、いつかのタイミングで話しかけたいと思い、こそこそと動向を観察した、という先日。

 

 

しかし帰り道の途中に駐車してある支援センターの除雪車は、幼少男児の溜まり場?になっており、

だいたいうちの息子も、ほかの男の子たちもその車のまわりで「ぶーぶー」「ぶぅ」「がぁ〜」などと言いまくりヨチヨチかわいい様子で離れようとしないんだけど、

その時、そのおしゃれでかわいいお母さんが割ときつい口調で「ちょっとぉ!!早くかえるよ!!!はやくぅぅぅっ!寒い!お腹すいた!!」と息子に促してるのを聞いて、

「あ、ちょっと違うかも・・ざんねん・・・」と思った、という結末。

 

 

秘儀・不躾を長時間にわたり繰り出した結果、このような結論になってしまい、たいへん申し訳ありませんね、と心の中で謝罪して、そんなことで誰かを判断するのってけっこうくだらないよなぁと思いつつ、だけど新規で仲良くするにはけっこう大切なことだったりもするのよねぇとしみじみ思った。

 

そして私は、「よーし、あのお母さんとものすごく仲良くなることはたぶんないから、私もあのキルティングコート買っちゃお」と思い、

トラディショナルか、もしくはマッキントッシュのキルティングコートを買おうと決意し帰宅したのでした。

 

サイズと着画を検索しつづけて連日披露困憊よ。

 

H氏にその話をすると「あんたね、友達なんて作ろうなんて思って作るもんじゃないでしょ、自然になるもんでしょ」など思春期に親から諭されるようなことを言われた。

 

わかってるけどねぇ、でもなるべく子どもたちを遊ばせるときは大人数の方が楽しいじゃん!なんて言ったけど、

 

でもそもそもさ、そんな目的が先にあるって理由で友だちになったりするから、将来的にうまくいかないことが発生してくるわけだし、H氏が言ってることは結果的にのほほんとしためざす生活への近道なんだよな。

 

大事な友人たちを振り返っても、目的が先行して仲良くなった人なんていないわけだし、今まで通り自然にまかせよ。

 

 

全然違う話だけど今日、そろそろ普通のジーンズが苦しいので、やっとマタニティズボンを1本購入。

 

ザラって地味にマタニティラインあるのよね。やはりそれ専用の服は楽だ。

そして春になったら履くようにスタンスミスを購入。そしてこの勢いにのって長年まよってたオールスターのハイカットも買ってしまおう!

 

インスタでハイカットは子持ちには履きにくくて不向きなんだけど、紐をゴムにしたらスリッポン並みにずぼっと履けて超いい!みたいなポストを見つけたのでやってみるつもりです。

 

ハイヒールもクラッチも、シルクのブラウスも、大好きだったはずだけど、今はそんなことよりいかに身軽に動けるほうが最重要課題で、もうこうなったらそういう路線でかっこいいスタイル目指していきたいよねぇ

 

でもそれには基本は血色のいい美肌なんだよね、SK-II欲しいってのが最近の物欲地獄・堂々巡りです。

 

 

お腹の子どもはちょくちょく謎の出血が少量あるものの、すくすく育っている様子。

仰向けで寝ると苦しいくらいにでかく膨らんできた。

最近はよく動くし、あたしほんとにもうすぐ2人目生むんだなぁ、なんか変なの、大丈夫なのか、とか他人事みたいだけど、ほんと不思議。