読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

病める時も

神は試練を与えたがる。

 

 

健やかなるときも・・・・

 

病める時も・・・・

 

相手を愛し続けることをちかいますカ〜?

 

と、2年前沖縄で、アルバイトのアメリカ人神父?牧師?に尋ねられた時、

 

ウェディングドレス姿で、したり顔のドヤ声で「誓います・・・」と言ったのはだあれ?

 

 

はーいはいはい!はい!それ私ですっ

 

 

結婚して2年、私はその本当の意味を知る。

 

 

自分の生活を守りながら、病んでる夫を愛し続けること、もしかして超大変なんじゃない?あたし、3日でくじけそうよ

 

ということで夫の体調不良が回復のきざしをみせず、本日は仕事を休んで3日目。

 

仕事に関しては真面目で勤勉な夫が3日も休むなんてよっぽどであろう。

 

発熱・頭痛・関節痛は続き、毎日が悪夢のようだと頭を抱えて寝込んでいる。

 

病院にいっても「インフルエンザはマイナスだねぇ」なんて言いながらカロナールを処方され、それを定時に飲んで解熱してはまた発熱してを繰り返すこと3日。

 

食欲もないようで、1日目に焼き芋と鍋焼きうどん、2日目は焼き芋とヨーグルト、3日目は焼き芋と鍋焼きうどん、

 

「何も食べたくない」とかいいつつ、大好物の焼き芋は例外なようだ。

 

水分も、もそもその焼き芋と一緒に緑茶を1杯、あとほかはポカリスエットをちびちび摂取しているのみなので、当然尿も1日に2回程度しか出てない様子。

 

 

普段元気な愛する夫なだけに、毎日ぶつぶつと弱音を吐きながら寝込んでいる様子を見て、私だって心のそこから心配だ。ほんとに。ほんと〜に心配。

 

だけども、頭痛に悩まされて一日中寝込んでいる夫は、当然ちーとも遊べず、構えず、犬の世話もできず、家事も当然できないため、

 

夫の世話含めた家での用事をすべて私一人で行うこととなっていて、

 

 

正直もうかんべんしてくれ、という状態。かんべんしてくれ・・・

 

 

 

はぁぁぁぁぁ、しかたないことだけど、ほんと、疲労で心がやさぐれてます。あーぁ、ため息しか出ない。

 

いや、ほんとにね、夫のことは心配だし、心から愛してるんだけど、しかしながら愛してるからって、自分の主婦スキルがぐーんとアップするわけでもなく。

 

一刻も早く治ってほしいです。

もう明日治らなかったら実家に帰りたい気分だけど、それは冒頭の神父と誓った「病める時に」助ける・愛することを放棄することになるんじゃ?などと葛藤あり。

 

 

 

新人だった10年前、師長さんに言われた「辛いときってゆうのは成長してるときだから」ってことを久しぶりに思い出して、今日もおつかれさま。

 

そうだよね、結婚したんだし、つらいときこそ助けてあげないとね・・・という気持ちで明日もがんばろう。

 

買い物してぇなぁと毎日欲求不満気味。おやすみなさい。