読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

Emotion

先日、おなじみ佐々木俊尚さんが、安保法案関連の話題で、

「結局ロジカルはエモーショナルに負けるのか…」と悩ましげなツイートをしていた。

 

そのときはふぅん、なんてあんまり実感なく思ってたんだけど、本日これは、まさに、このことか、と実感したわたしです。こんばんは。

 

 

昨日の夜、ひとりの友人が産気づいたとラインのグループが盛り上がり、夜の10時くらいになってもキャイキャイ送りあってたんだけど、産気づいた話題とは全然関係のないところで、一人の友人が怒っていた。

 

怒りの原因は夫の家族。

彼女は明日の月曜日から海外旅行に行く予定があって、小学生の娘がいる。

 

その娘が、火曜日と水曜日に学校から帰ってきて、下の階(二世帯住宅)にきている義姉の子ふたりと遊んでいたそうだ。

義姉の子どものひとりは火曜日から発熱し、水曜日に病院に行ったらおたふく風邪だと言われたと。

彼女の娘はびっしりとその従姉妹たちと遊んだあとで、マスクもしないで、しかも帰り際に「おたふくだったの〜」なんて言ってきて、

「え!うつったら困るよ〜」と言ったそうだけど、どうしておたふく風邪だとわかっていたのなら配慮してくれなかったのか、とまぁ、怒りの内容はそんな感じだった。

 

「娘は一応予防接種しているけど、そんな子どもと遊ばせるなんてひどい。保育園にはおたふく風邪の子がたくさんいたって知ってるのに、向こうの家族ありえない。わざとやったんじゃないかと思ってしまう」と、怒り心頭。

 

わたしはそれを聞いて「え。おたふくって予防接種しててもうつるんだ…」ととぼけたものだった。

 

グループの友人たちも「それはひどい」やら「残念だったね〜」「腹たつね〜」などと足並み揃えて同意している。

 

まぁ確かに配慮はないと思うけど、そんなこと気にしてたら、この先家族同士の付き合いなんてやってられないんじゃ…

人によって「そんなこと」のレベルは違うわけだけど、別に隠してたわけじゃないし…悪意はないんじゃないの…

 

 

そして確かおぼろげな記憶をたどり「潜伏期間が長くて…その間にうつりやすいって勉強したような」などとひねり出して調べてみると、どうやら潜伏期間は10日から20日で、そしてその期間の感染力は高いようである。

 

それを見て、月曜日から旅行行くなら発症はしないんじゃないの、と思ったけど、そのようなことを言う雰囲気ではなく、

 

というか、彼女がそのようなわたしの発言を期待してラインを送信してないということは明らかだったので、「娘の免疫力に期待だね〜!」と送信しておいた。

 

 

そして今日、無事友人の子が誕生し、またラインのグループが盛り上がってるところに、

その友人が「おめでとう!!今日病院に会いに行ってもいいかな?娘も今のところ元気だし、マスクして連れて行っても大丈夫かな!?」と言ってるのを聞いて、

 

ん!?と思った。

ん!?あれだけ感染してたらどうするの!!と怒ってたのに、いいの!?

 

 

あ、そっか、

そうか、そもそも娘が感染している可能性は低いと彼女もわかってるのか。

わたしが思っていたのは全然違うことだった。

 

わたしは彼女が純粋に「感染について心配」してるんだと思って、潜伏期間や予防接種の効果、感染経路などについて気にしていたけど、彼女が言ってるのはそうじゃない。

 

これが「ロジカルはエモーショナルに負ける」ってやつなんだ。

 

 

私たちはお互い(一応)看護師だし、新生児にムンプスに感染している可能性がある子どもを面会させようなんてだいたい思わない。

 

彼女はきちんと一般的な常識も知識もある人だし、本気で感染を心配していたら絶対に「子ども連れて会いに行こうかな」なんて言わないだろう。

 

だけど、それがわかっていても、その可能性が低いと理解していたとしても、

大事な海外旅行の前に、義理の家族が「おたふくがうつる可能性」を軽視して、子どもに接ししていることに対しての「怒り」、つまりはこれって、感情論なんだな、と思った。

 

確かに佐々木さんがいうように、どんな場合でもおそらくロジカルはエモーショナルに呑まれてしまう。

 

どれだけ「でも潜伏期間が長いから旅行中は発症しないんじゃないの」と言っても、「予防接種してるから軽度で済むから大丈夫だよ」などと言っても、

 

そんなことは100も承知でとっくに理解していて、だけど言いたいことはそうじゃない、だって配慮がなさすぎてありえないってところに、全部どどどーーーッ!!!と話は流れちゃうんだ。

 

そしてその感情に同意するのはすごく容易い。

「ほんとありえないね〜」と言って入れば済むし、それはある意味その通りでもあるわけだし、話は進む。

バカみたいに「でも悪気はないんじゃないの」とか「先は長いんだし、あんまり怒らないほうが身のためだよ」などと言っても、気持ちの部分で何も解決しないってことを、知ってるからこそ、何も言えなかった。

 

 

意識してこなかったけど、このようなことは世の中にたくさんあるんだろうなぁ。

国会前のデモも、夫婦喧嘩も、職場の人間関係も、ロジカルな思考が、けっきょく一時的な激しいエモーションにどどどーーーーー!!と流されてしまうことは、

 

個人的にはけっこう怖いなと思う。

 

 

 

 

ということで今日は親友の赤ちゃんが誕生した記念すべき日であります。

おめでとう。心から嬉しいです。

 

 

さて、明日は沖縄へ〜

 

荷も詰め終わったし、寝るか。朝は早起き、おやすみなさい。