読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

お月さまこんばんは

タイトルは息子が寝る前に読む絵本のタイトルです。すごくお気に入りの本。

 

それとは全然関係ないんだけど、髪をショートカットにしました。

めっちゃすっきり!!世界が違う!

髪洗うの楽すぎてどうしよう!!

 

産後ズバズバと髪の毛が抜けまくり、落ちてる髪もストレスだし、掃除もストレスだし、パサパサのバサバサもストレスだしで、ばっさり切った。ノンストレス!!!!

 とても気に入ってます。今はしばらく伸ばしたくない。

 

 

最近ブログの更新してませんでしたが、横浜から友人が遊びに来てくれたり、そのほかいろいろと少し忙しくしてました。友人が来てくれた以外は、たいしたことではないんだけど。

 

今は家の掃除と片付けにはまっていて、暇さえあれば掃除したり、すっきり収納できるように工夫しているところ。

神さまがやどる お掃除の本

神さまがやどる お掃除の本

 

 

 これらの本を図書館から借りてきた。どちらもとてもわかりやすいです。

 

 

もうすぐ産後半年、あっという間の半年だったけど、

とりあえず暇な時間はスマホ片手に通販のサイトを見まくっていて、自分でも「これってなんなんだろ?」というくらいに物欲が湧き出てきてたここ最近。

 

前のバイト先のオーナーに言うと「てゆーかずっとじゃん」なんて笑われたけど、そうじゃなくて、ほんと、なんつーか、夜な夜な2時間くらい通販のサイト見ちゃうくらい、ちょっと没頭していた感じ。

 

「てゆーかずっとじゃん」って自分でも思ったけど、ちがうのちがうの!専業主婦であんまりお金使えないくせに見てるからやばいのよ!!

 

んじゃ、物欲については「てゆーかずっと」か。まぁそうだけど。

でもなんども言うけど、セーブできないのがやばいのよ!!それもまぁ、「ずっと」なんだけど。

 

話が進まん。

 

実際買ったのはピアスふたつと、少し太めのジーパンだけなんだけど、他ににもあげたらきりないくらい、これっていつまで続くんだろ?と自分でも不安になるくらい物欲が次から次へと止まらず、正志に国宝級の金遣いの荒さとまで言われた自分でさえも、とまどっていまして。

 

そんなタイミングで、息子の離乳食が開始した写真をインスタにあげたら、昔屋久島で知り合った男友達(さわやか系おしゃれイケメン)のふるやくんが「いいね」してくれて、

そういやふるや君の息子も、うちの息子と同い年かぁなんて彼の写真をみてたら、彼の奥さんのブログにたどり着いた。

 

彼の奥さんは結婚式の二次会によんでもらったときに「素敵な人と結婚したんだねぇ〜!さすがイケメンふるや君!!」程度の認識だったんだけど、

ブログを拝見したところ、人生に対するモチベーションがもんのすごく高い人でびっくりした。

 

彼女の、与えられた命に感謝して最高の幸せを感じて日々過ごしたい系ブログを「へぇ〜」「ふぅ〜ん」なんて読みながら、

 

彼女の産後3ヶ月くらいまでさかのぼった(もう少しで1歳)ときに、

「自分の中の不満足を、他者や物や食べ物に求めてしまっているときがある」みたいなことが書いてあって、あ、これ私もじゃん、いまこれだ、とハッとした私。

 

 

最近の私は、疲れたといってはドーナツを何個も食べたり、甘いものがないと少し不安になったり、夫の股間を突然こづいてみたり、キスしてくれと執拗にせまったり、いろいろと欲していて、かといって持っていても満たされない(キスしてもらっても舌打ちする始末)し、

そっか、何か欲しいものが足りてないからじゃなくて、私って、今の現状が不満足だったのか。なんか変だと思ったよ。

 

 

はじめての子育ては、息子は想像の100倍かわいいし愛おしいし、母親業も想像していたよりずっとずっと奥が深く興味深い。

私は常々死んで生まれかわったらまた女でお願いしますなどと思っていたけど、さらに強くそう思うし、夫のことは愛してるし、どちらの両親にも甘えて支えてもらいまくっている幸せものなんですが、

 

それでも、今まで自分のものだった時間、思考、体、すべてが思い通りにならず、自分の一存では決められず、何かしたいと望んだ時に、いろいろと考えなければならず、結果「やっぱ無理かも、今はいいや、めんどくさ」などと制限をしてしまうことなどは、それとは別のところでとても窮屈で、退屈なことなんだ。

 

 

あぁ、だから何も考えずに自分の手に入る「食べ物」とか「ネットショッピング」が欲しいのか。

 

 

でもそれって自分の問題だから、ずっとずっとそうじゃん・・・

 

がーん・・・

なんとかしないと老後の貯金をただ無駄遣いしちゃうヨ・・・

 

 

というのが3月6日の出来事で、

 

それから私は掃除して、片付けをして、ヨガをして、読書をして、そしたら自然と物欲が治まってきた。

 

あんだけみてた通販サイトも自然と見る時間がなくなって、よしよし、いいぞ自分。

 

 

 

満たすのも足りないのも自分次第だって、いつも何かにモヤモヤするたびに思い直すんだけど、

「よし、自分を立て直すぞ!」という気持ちは、まるでコップの中の水みたいに、そのまま放置しておくとどんどん減って濁っていく。

 

毎日取り替えてちゃんと洗ったりすればいいんだろうけど、なんせ気質がズボラなもので・・・

 

 

昔に比べたら部屋もきれいだし、物も10分の1くらいになってるし、

まぁまぁ進歩してるはずなんだけど、楽天とアマゾンとインスタが身近にあるかぎり、物欲の波は止まりそうもない。

 

だけどついこの前みたいに、物欲に襲われるときって、自分が他に問題を抱えてることが多そうだから、クリックする前に、今の私ってなんか我慢してるんじゃないか…その代わりに買おうとしてるんじゃないか…ということを思い出せたらはなまるですね。

 

 

今日は3月14日なので、ホワイトデーだそうです。

 

昨日の夜、息子がめずらしく夜に覚醒してしまって(いつもは半寝で乳飲んでる)、息子も、わたしたち夫婦も寝不足で調子が悪く、

 

今日も1日機嫌が悪くて泣き止まない息子の相手をしてたら、どんどん惨めな気持ちになってしまった。

 

ずーんという気分で息子を膝の上に抱き、アウアウと文句を言いながらおもちゃで遊んでいる息子を見つめていたら、夫が「ただいまー」と元気な様子で帰ってきた。

 

リビングのドアを開けると、手には花束を持っている。

「はいっ」

「えっ?なに?」

「ホワイトデーだよ。」

 

あ、そうか。今日はホワイトデーか。それどころじゃなかった

 

花屋のおばさん、全然センスないんだもん、なんか変だけどごめん、と笑いながらくれたお花は、白のチューリップと、オレンジ色のスイートピーのブーケ。

 

とってもとっても とっても嬉しかったです。

 

ホワイトデーに配偶者から花もらえる日が私の人生に用意されてたなんて、震えるほど喜ばしい事実。

だったらそうだって先に教えてくれれば、街コンとか出会い系サイトとかしなくて済んだのにね。

 

まぁあのころの生活があるから今の日常を大事にしようって思えるのか。そっかそっか。

 

クリスマスもバレンタインデーも、そのほかいろいろ、毎日に流されて、それどころじゃないってこと多いんだけど、

 

こんなに嬉しいなら、イベントスルーするのはもったいないからちゃんと意識したほうがいいなぁと思った日でした。

 

おやすみなさい。明日もがんばろ〜