読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

久しぶりに

はじめての生理が来たのは小学校6年生の4月。

 

下着にぬるりとした嫌な感覚があったので、まさか…と自分の部屋でパンツを下ろした確認したら、案の定、茶色のシミ。

 

うっ…つ、つ、ついに来た…

 

私はうろうろと6畳の部屋を歩きまわり、

親からお下がりでもらったビーズクッションの上に寝転がり、逆さになって、窓の外を見た。

 

生理きた…

ついにきた…

 

そう思うと面白くなって少しニヤニヤしながら、

階段を降りて「ねぇ、多分生理きたと思う…」とキッチンで夕飯の準備をしている母にそう告げると、「あらっ、おめでと!!」と言われたのを鮮明に覚えてる。

 

 

今書いてて思ったけど、これ、妊娠したときも全く一緒だった!!デジャブのよう!!

 

札幌駅の公衆トイレでおしっこひっかけた棒を持って挙動不審になって、ニヤニヤして、母に電話で「ねぇ、多分妊娠したと思う…」

 

思えばそういうのって、生理と妊娠以外に、たくさんあったような気もするな。

 

 

えーと、そういうわけで、産後の生理きました。

 

 

ここまで完全母乳だし、まさかくるなんて思ってなかったからまじでびっくり。

ついでに心からゲンナリ。

 

31歳にもなって、自分のシモの話をブログに書くなんて下品だし、どうかしてると思うけど、だけど書かずにはいられない衝撃!!

 

ちーがおっぱい卒業するまで来なくていいのに…!!!

 

妊娠して出産してだから、去年の12月から生理というものを日常から切り離して生活している身としては、ほんと、調子悪くてしょうがない。

 

下半身がすこぶる重いし、眠りも浅いし、体調も悪いし、ほんと、とほほ…

 

 

まだ夜間の授乳は2回ある。

2回あっても生理はくるのか。はぁ。ため息。

 

 

 

今まで普通にあったものから一度解放されると、前に戻っただけなのに、うざったくってしょうがない。

 

あぁ、これからもまた生理に振り回される生活が始まるのか。

 

前に戻っただけなんだから、変わらないでしょ、と自分を励ましてみるが、

 

めんどくさいものはどういってもめんどくさいわ、とほほ。

 

 

 

なんだか今日はちーも機嫌が悪くって、泣いてる時間が多かったので疲れた。

 

古い写真を見返したり、夜中に起きてる友人に電話してみて、疲れた気分が救われた夜でした。

 

さて、軽くストレッチして眠ろう。おやすみなさい。