読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

守られたくない女って?

息子が寝ている。

夫も息子と一緒に寝室で寝ている。

 

奇跡!!!!!!!!

 

きせき!!!!!!!

 

キセキ!!!!!!!

 

あっ!しったっ!きょおよりもすきぃになぁれるぅぅぅぅ〜〜〜

 

 

夜にひとりってだけでめちゃくちゃテンションがあがってお腹が痛くなりました。

誰にも邪魔されない自分の時間が持てることって…、大事…ですね。

 

ふふふ!!

 

 

ひゃっほ〜〜!!!なにしよ〜〜〜〜!!!!

 

 

まぁ別にやることっていったらネットサーフィンか明日の恵方巻きの仕込みか、漫画(嘘喰い)読むか、雑誌よむか、本読むかのどれかなんだけど、どれもしたいから難しい!!!

 

独身のときも出産前ももういいってくらいそういうことばっかりしてたのに、やってもやっても飽きないねぇ〜。

やりまくってるときは「飽きた」とか思うけど、いんや!!飽きない!!!やってもやってもやりまくっても飽きない!!!

 

 

夫は夜もテレビつけっぱなし派なので、つけっぱなし苦手派だけど普段は遠慮してる私。しかし今日は消せるぜ!!消して音楽聴けるぜ!!!!

 

そんで旅人のサーカスナイト聴いてます。こういうの久しぶりに聴くと独身のときの嫌な思い出フラッシュバックして時々つらいネ

 

 

そういえば昨日専業主婦って案外しあわせだったってことを書いたんだけど、

 

先日フェースブックの「◯◯さんがいいね!しています」で回ってきた記事で、「はぁ?」と思ったことがあった。

 

内容はこれってほんとにプロが書いたの?って感じの記事なんだけど、私が意外だったのは最後の文。 

 

Love Piece Club - 新連載 第一回 あなたの隣のマモル君 / 牧野雅子

(引用)そういえば、かの雅子さんの婚約会見が行われたのも、今頃でしたっけ。「全力でお守りしますから」と皇太子はおっしゃったとか。キャリアウーマン(死語?)の雅子さんを好きだったわたしは、勝手に落胆したものでした。

 

そしてこのブログをシェアしている人も、「小さいころから男の子に守ってもらうという言葉が嫌いだった。最後の雅子さまの分も激しく同意」していて、

 

専業主婦って案外いいじゃん、なんて思ってる矢先の私は「えっ、このブログに出てくる変質者で犯罪者の男たちは全然別の問題だから置いといて、普通の男女の関係において、男に守られたくない女って存在するのっ?うそでしょ!」ということだった。

 

30代でも40代でも50歳を超えても自分たちを「女子」など弱い存在であるとアピールするような呼び名で呼びながら、

「男が守ってやるとか上から目線でまじはらたつ、きも」とか思ってる人が本当にいるんだろか?うそでしょ?

 

女って一生かよわいし、一生かわいいものが好きで、一生大切にされたいし、一生守って欲しい生き物じゃないの?

 

そして自衛隊の太い腕とか、消防士の汗とか、格闘家の胸板とか、エグザイルの肉体とか、まぁそれは好みもあるか、

あとは夫が雪かきしている姿(東北・北海道限定)とか、買い物にいって重いものを持ってくれる姿だとか、車で迎えに来てくれたり、焚き火ってゆうかBBQの火をおこしてくれたり、頭なでなでしてくれたり、抱きしめてくれたり、

それによって愛されてるとか感じる生き物じゃないの?

 

私は「男が女を大切に」してくれることぜんぶが、「男が女を守る」カテゴリーに入ってると思うんだけど…

 

 

男が女を守らなくなったら男女の恋愛関係なんて、どうやって維持すればいいの。

H氏に守られてるから私はしあわせで、安心していられるのに、だったら一人と変わらないじゃない。

 

H氏だって私とちーを守る使命感がなかったら、そんなのきままな独身ライフと、なんにも変わらないじゃない。

 

まぁ結婚は個人と個人のものだから、

私の恋愛とは違うとか、私がめざす恋愛はそんなんじゃないって言われればそうかもしれんけど、

皇太子さまが雅子さまにおっしゃった「おまもりします」というのは、どんなに彼女がハーバード大学卒業していた才女で、外務省でもバリバリのキャリアウーマンだったとしても、やっぱり夫となる人には「守られたい」って思ってるんじゃないのかなぁという個人的な感想でした。

 

 

そういえば村上ラヂオのなかに「ウーマンリブ運動の中で、こんなものつけてるから女が社会に束縛されるんだってことで女性の解放を訴えながら、ブラジャーが焼かれた」ってかいてあったけど、

 

守るってことと、束縛ってことを間違ってしまうとまたそれはまたたまったもんじゃない。

 

私が思うのは、私たちの愛しい体を支えてくれてるブラジャーなんて敵じゃないし、

守るって言ってくれてる男もとうぜん敵じゃないわけで、

 

男は女を守りながら、女は男を支えながら、お互いに自由な人生を選択できるっていうのが、理想の男女の関係だよねってこと。

 

 

さて、ゆっくりお風呂はいって、もったいないけど寝るか!