読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

2015

明けました〜

おめでとうございます。

 

今年の年越しは、去年と同様に夫の実家で食事をしたあとに、私の実家に行って紅白みながら母と兄とH氏とあーだこーだ言いながらの年越しでした。

 

正確にはH氏は23時40分くらいに「俺もう家帰る…」とかいって退散してしまったけど。本日から仕事だったので。あと20分くらい我慢?すればいいのに!!

 

ちー(チビの略。息子のこと)がいるので、今年はなんだかやや気疲れしたけど、私の気疲れなんぞそれこそ小さなもんですわ。

 

嫁のくせに黒豆もにないし、おせちも作らない私ですけど、まーいーや。今年も宜しくお願いします。

 

 

毎年毎年、ここ10年位は一年のスローガンをたてて活動してます。

去年は「整える2014」だったんだよなぁ

 

横浜から北海道に帰ってきていろいろとぐちゃぐちゃだったし、結婚したばっかりだったし、引っ越しする予定だったし、精神的にもプリプリしてばっかりで、ちょっと整えたいと思いながらたてたスローガン。

 

断捨離したのっていつだっけなぁ。去年?とおもって去年のブログを読み返してみると、1月の月末からこんまりさんの本を熟読して開始しているようです。へぇ。

 

断捨離したことは、私にとって結婚したこととと同じくらい、衝撃的な変化をもらたす結果となりました。

「本当の人生はモノとの関係を整理したことから始まる」みたいなこと言ってたけど、結果的にその通りに。

 

出産する前にきっちりお片づけが終了できてよかった。

 

クロゼットもすっきりで、部屋の中が片付かないということがあまりない。散らかっていても、片付けはすぐ終わる。

 

結局この一年、洋服との関係に地味に一番振り回されたけど、私、もうユニクロで服買わない。決めた!!!

 

買うときはワンシーズンってことを割り切って買う!!!!

 

ユニクロにいくと不思議なもので、微妙な値段設定と、期間限定のセール価格と、なんだかよく分からないけどそのものがとてもよく見えて、着ると自分が素敵に見えて、るんるんといい気分で買うんだけど、実際家にもちかえってきて、手持ちの服と合わせてみると、ん?なんかちょっと思ってたのと違うかも?なんて、期待ほどかわいくない場合がけっこう多い。

 

こんまりさんのルールは、「ときめかないものとはお別れする」ただ一つ。

 

「なんかへん?」と思ったら最後、抱きしめても、においかいだも、何回か着てみても、明らかにときめいてない自分と対面してしまう。

 

どうしてなの、あれ。たぶん生地や、毛玉の具合なのか。

同じ経験されているかた、いませんか?

 

買っては捨てて、買っては捨てて、もったいないけど、3回着たら毛玉できてるんだもの!!ゴミめっちゃつくんだもん!!なんてことを繰り返すうちに、自分って何やってるんだろう…というとほほほほと最強に情けない気分になってくる。

 

そしてその結果、実際に自分が着てて着心地もよく、少し自分が良く見える服は、値段の高さゆえにとてつもなく買うのを悩んで、なけなしの給料から買った、お気に入りの服。

5年たっても6年たっても、お気に入りの服っていうのは関係ないのか。自分の好みって、そうそう簡単に変わらないんだなぁってことをしみじみとかみしめた一年でした。

 

もう簡単に服買わない。お気に入りを大事にする。毎週同じかっこでもいいです。

ということで、完結した2014年でした。たかが服に長い振り返りだったけど、ほんとに自分としては振り回されたんだもの。

 

あとはクレジットカードや銀行の名前変更、不要な契約の処分、保険の変更や契約などなど事務的な手続きのことも終了させて、

 

父親が死んだ時の保険のことや、その他もろもろ、めちゃくちゃめんどくさい案件についても処分できて、われながらしっかりやるべきことできたかなぁとその辺は満足です。

 

 

2015年のスローガンは「セルフケア2015」

息子が生まれてからの3ヶ月間、一番痛感したことは、「家庭って母親次第なんだよ、まじで」ということです。

 

自分がどれだけ余裕をもって、夫と子どもに明るく接することができるかで、家庭の雰囲気はまったく違う。

 

夫の態度もまぁ大事かもしれませんけども、夫の態度は私が手出しできるものじゃないってことを深くお勉強しましたので、自分は自分の感情に責任持たないといかんな、と。

 

自分の感情の処理を、そのまま人にぶん投げちゃいかん。

子どもに余裕をもって接するためにも、まずは一番私が幸せに。

 

つらいときは夫に頼って、家庭の中で自分が一番幸せを感じれるように、今年はセルフケアに力を入れて生活したいと思います。

 

私が幸せだと感じるとき。

服やアクセサリーを身につけてて自分が素敵に思えるとき。写真に写る自分が太ってないとき。夫に「今日かわいいね」と言ってもらったとき。

お風呂にはいって何も考えずにいるとき。寝る前にストレッチするとき。

夫がご飯たべて美味しい!最高!今日も最高!!と褒めてくれるとき。

部屋が綺麗なとき。

息子がすやすや寝て、起きたら笑ってるとき。

 

ちなみに出産・育児本によれば、出産後、おしゃれや身づくろいに気にかけてる人ほど、家庭においての幸せを感じる度数が高いというデータがあるそうで。

 

以上をふまえまして、以下が今年の具体的な目標です。

 

1 目標体重までダイエット

2 週1でヨガクラスの再開(朝10分ほどできるように時間をつくれたら最高)

3 もらった食材を腐らないように管理する

4 息子のおやつ作りも楽しむ

5 ブログを更新する

 

今年一年、笑いあふれる一年になるように努力したいと思います。

 

さて、寝よう。

 

あっ、そういえば、今寝たらこれが初夢か!

いっつも初夢は下ネタ強めの悪夢見るから、今日も緊張する。おやすみなさい。