読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

我が家と呼べる家

そういえば先日ソファが届いてですね。

 

結局3ヶ月以上も延々と悩み続けて購入したのは無印良品の革張りのソファ。

2.5シーター、オットマン付き。

f:id:ukox:20140420021059j:plain

画像は他からお借りしましたが、これと同じやつね。色も同じです。

 

悩みに悩んで、結局「犬いるし、おしっことかされたときに革のほうが何かといいよね…」っ感じでこれに。

 

超悩んで決めたけど、大満足してます。

座り心地もいいし、やっぱり見た目がいい!

部屋がぐっと大人っぽくなって、思ってたよりもぐんとステキ!!きゃっほーい!大事にしよう。

 

でも寝転ぶとひんやりと冷たい。ひやーっとするのが難点。

 

ソファを購入する値段は、だいたい「一年に一万円」というのが目安になるそうで。

なのでこのソファはだいたい15年弱くらい大切にすることになりますね。

15年つったら、私45歳か…。

もし子どもが順調だったとしたら15歳、ということは受験生ね。

15歳って言えば、きっと高校に上がるにつれてお金かかるし頃だろうし、中学は塾にも行ってるだろうから、ソファなんか買い替えのお金はないとなると、15年以上は大切にすることになりそうね…。 

 

 

そんな話したいんじゃなくて、えっと、なんだっけ。

 

あ、そうだ、2月に引っ越しをして、とたんに父親が死んだり、一方私が妊娠したりと、なんとなくバタバタと過ぎ去り、インテリアも何も、そのまんま投げっぱなしの中途半端になっていた我が家。

 

H氏は時折、「U子はおうちのこと、どうでもよくなっちゃったみたい…」と小声でつぶやいていたが無視していた。

 

ソファが来たらやろう、ソファ決まらんことには何もいじりたくない、考えたくない…

 

 

なんて先延ばしにしてたんだけど、ソファが来たのでインテリアのイメージもしっかりついて、本腰いれて取り組まなければならない。

 

メラメラ。

 

というか、インテリアについて考えるのは割と得意だし、何より好きなので、めんどくさかったけど全然嫌ではない。むしろとても楽しい。

 

今日は仕事から帰宅したH氏に余力があったので、部屋の模様替えを手伝ってもらって(高いところに上るのはやめてくれ、と言っていた)かなり進んだ。

 

子どもが生まれるから水槽は危険かなぁ、とか、植木鉢は危険かなぁ、とか、まだ生まれて授乳もしてないうちから家のことを悩んでも無駄だと思ったので考えるのはやめて、植木鉢も床においたし、水槽もソファのとなりにおいたし、とりあえずはすごく満足。

 

あとはちょこまかと植木の鉢を変えたり、玄関マットをやクッションを選んだり、バスルームの植物を選んだりして、きちんとした「すみか作り」を行おう。

 

「植物はめいいっぱい育ててあげたい、直射日光を浴びさせたい」みたいなH氏の愛?のコンセプトのもと、うちの観葉植物はパキラとガジュマルがめきめきと育ってるんだけど、どうも鉢がプラスチックで安っぽくて愛せない。

 

「鉢を愛せないので違うやつに変えてもいいですか」と申告すると、

「いいけど…俺はレンガ色みたいなやつがいいんだよ」とこだわりを申し出たH氏(今は100円とかで売ってるレンガ色のプラスチック鉢)。

 

「ふぅん」とかいって、内心は「レンガ色よりかわいいのあるのにぃ」などと思ったんだけど、調べてみたらレンガ色の陶器の鉢はテラコッタっていって、ちゃんと探せばすっごくかわいいやつある!

 

うん!探してみよう!

 

などと夢中で検索してたら、あらら…、もう2時半になるじゃないの

 

 

美容に悪いから今日はもう寝るとして、ここのお店にのってる植物すっごく素敵なので、植物、そして植物のフェアリーと生活を豊かにしたい方、参考にしてください。

 

あたしゃ明日からこのページ毎日1時間見るわ。

 

 

考えたら、横浜の家は自分だけの家だったし、この前まで半同棲してた家はH氏の家だったし、誰かと二人の家を作るのって、私がいま思ってるよりもきっともっと素敵なことなのよね。

 

 

二人と犬二匹が居心地よく生活できて、お掃除も楽しくなっちゃうようなお部屋になるように、お家づくりしよっと。