読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

美人への道

昨日は地元のバレー部のみで、幼なじみの家で宅のみをしたんですけど、

 

なんの話の流れだったか私の肌の話になったとき「ゆーこ、なんか北海道に染まってきたね」と横浜に住んでるときよく遊んでくれてた先輩に言われたことが案外ショックで、

新しい服を買おうかどうか検討中の私です。

 

まぁでもね、こっちに住んでるのに染まらないってのも変な話よね、

 

だって気温だって違うしさ、

 

雪だってこーんなに降るしさ、

 

道だってあり得ないくらいつるつるだしさ、

 

と自分に言い聞かせてますが、いやいやちょっとまって!マンハッタンの人だって、ロンドンの人だって雪ふるし超絶寒いけどお洒落でしょうよ!!!と我に返り、

 

「ニューヨーク ファッション」で検索してます。ひーん、しくしく

 

 

しかも肌の衰えについても「昔はもっとパンとしてた」「もっと色白かった」などと評価が落とされ、しょんぼり。しょぼん

 

そりゃ三十路に突入して数ヶ月たつからね!肌も衰えが来ますよ!

 

だけど目の前に見えると怖い、その衰え!

そういうのってバンジージャンプ、見てるのはそうでもないけど、やると足がガクガクするのに似てる。

 

年齢にはあらがえない。美魔女って馬鹿みたい。

だけど!しかし!食い止められるなら努力しようようじゃないの!

 

幼なじみにも「あんた冬の北海道でソンバーユだけってのはないわ」って言われました。これでソンバーユだけではダメって言われたのは二人目です。

 

だけどねぇ、ここでソンバーユからほかのやつに変えても改善しなかった場合は本当につらいから、基本を見直してがんばろうと思います。ビタミン類を積極的に接種するのと、あとはアボカド食べよう。

 

 

今日もH氏(ひさしからブログで出演するときはH氏と呼ぶように指示があった)にブスと言われ(正しくは「よくその顔で恋とかできたな」うえーん、しくしく!)、うっかり一線を越えて来た彼に超絶不機嫌になり、ねちねちねちねちと向こうの失礼な物言いについてなじった私ですが、

 

「美人はつくられる」という言葉を信じて日々精進したいと思います。

 

しかたない、zozoのほかにDholicもチラチラ見るか。

 

明日も新年の親戚周りです。結婚してからバタバタ色んなことがあって割と忙しいですが、事故のないいように過ごしたいと思います。おやすみなさい〜