読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Many and Very

いつ死んでもいいように、なるべくがんばって生きたいだけ。

懺悔・覚え書き

今の彼氏とつきあう前はずっとずっーっと彼氏がいなくて、それは「出会い」のせいだったり、「タイミング」のせいだったり、「私にずっと好きな人がいた」せいだからだと思ってたけど、

 

なんでそう思ってたんだろ?

 

そういう原因はすべて私にあったのに。

 

 

最近、小さなことでイライラがつのり、相手に思いやりがないとか、もっと配慮してほしいとか、冷たいとか、包容力ないとか、そんなことばっかり考えて、心の怒りの渦にはまり、

 

「大事な話がある」みたいな感じで真剣に恋人との対話に切り出した。

 

彼は一通り私の話を聞いたあと、「そ、そ、それってさ、なんつーか…、俺のこと全否定ってゆうか、俺じゃダメって言ってるようなものじゃん…」と苦笑いしていた。

 

 

私の良い分は「もっとこうしてほしい」とか、「もっとああしてほしい」とか、そうできないのは思いやりがないからで、私のことを考えてないからで、そうしてもらわないとこの先どう考えてもやっていけない、だって一緒にいると辛い気持ちになるから、などなどと言うことを彼にさんざん不機嫌な様子で伝え、

 

彼は「求めることが右肩上がりで、あんたこのままじゃ満足することがなくてそれに一人で疲れてダメになると思うよ」と言う。

 

「俺が自分の思い通りにならないからって、一人で落ち込んだり辛くなったりすることじゃないでしょ?俺もできることはするけど、何かの欲求が満たされたら、次、そしたら次って、そんなんだったらどんどん疲れて行くよ、そんなんでいいの」

 

 

私は心がヒートアップしていたため、その彼の発言は、「○○△××△○△×・・・」くらいにしか心に響いて来てなかったんだけど、

 

今日朝起きて、彼の弁当をつくり、犬とぬくぬく昼寝をして、一人冷静になったところで、

 

「うーん…、私って、すっごくバカ…」と自分の馬鹿さに落胆してます。

 

 

彼が私に言ったことは100%正しい。

 

イライラの原因や、今の二人の関係の原因はすべてじゃないけど、ほぼすべて私の中にあるものなのに、それを全部彼に押し付けようとしてごめんなさい。

 

私は前に不満を言い連ねたあげく「あんたね?いくら夫婦っていったって、所詮根本は恋愛関係があるんだからね、相手に好きって思われるようなことしないと、好きじゃなくなっていくのは当然なんだよ?」とかしたり顔で言ってたけど、

 

おい、それ、私のことですよ…。

 

しくしく…

 

しくしく…

 

 

夫婦は鏡ってよく言うよな

 

相手の嫌なことは私の嫌なところ。

 

でも良いところも鏡になってると思えば希望が湧く。

 

 

不満や不平に足下ひきずられて、すぐに目の前がまっくらになってソワソワなるけど、彼はよくそんな私といてもいつも冷静を保っていられるなぁと関心する。

 

私はただ好きな相手と一緒にいたいだけなんだった。

 

こんな毎日不機嫌でイライラしてて不満と不平を垂れ流しのブスをそれでもいいって言ってくれてるんだし、人のことどーのこーの言う前に自分がちゃんとしなくちゃ。

 

やっぱりね、ブスはすぐにブスになっちゃうから要注意だな!

注意してくれるのは自分しかいないから注意継続で!

 

とりあえずグーグル博士で「良妻」というのを検索して、「良妻のすすめ」ってゆう本を購入してみました。

 

いつでもご機嫌に、原因は本当に、ほんとにほんとにほんとに彼じゃなくって私にある。

怒りに我を忘れて発狂し、自分を見失いがちだから、ちゃんとぶれないように、しっかり自分を整えたい。

 

いつも大好きです。昨日はごめんなさい。